子供の虫歯はどこから、母子感染

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌はいません。それなのに、なぜ虫歯なってしまうのでしょうか? それは、いつも身近で世話をするおとなから虫歯菌がうつってしまうのです。特に、1歳半から3歳ぐらいの間は、子どものお口にうつった虫歯菌が定着しやすい時期と言われています。逆に、3歳ごろまで虫歯菌の感染をできるだけ少なくし、砂糖をひかえて虫歯菌を増やさないようにすることができれば、他の善玉の常在菌がお口の中に住みついて、その後もずっと虫歯になりにくいお口になります。お子さんに虫歯がなるべくうつらないように、次のことに注意しましょう。

お母さんや周りのおとながご自分の虫歯治療をしたり、歯みがきをしっかりとして、自分たちのお口の虫歯菌を減らしておくことが大切です。☆おとなが一度口に入れたものを食べさせたり、おとなが使った箸やスプーンで、なるべく赤ちゃんに食事をさせないように注意しましょう。

1日に3~5回、キシリトールガムを噛めば、3か月でお口の中の悪玉虫歯菌を楽に減らすことができます。妊娠中や2歳ぐらいまでの子どもがいるお母さんにオススメです。お母さんがキシリトールガムでご自分の悪玉虫歯菌を減らしておくだけで、子どもの虫歯を減少させることが証明されています。

佐世保市の小児歯科医院

>医療法人博道会大串歯科

医療法人博道会大串歯科

クリニック、アクセス案内
医療法人博道会 大串歯科医院
診療科目:歯科、歯科口腔外科、小児歯科、矯正歯科、予防歯科,インプラント、歯周病
住所:長崎県佐世保市日宇町678-3
佐世保線日宇駅徒歩1分
予約受付電話 TEL:0956-34-2063
診療時間 9:00~18:30
診療日:月・火・水・木・金・土
休診日:日曜日・祝日
西九州自動車道大塔インターから車で7分
お車利用の場合は、患者さん専用駐車場 19台
かかりつけ医院からの紹介の場合は紹介状をお持ち下さい。
ホワイトニングメニュー有
無料歯並び相談受付中

CTR IMG