佐世保市でインプラント専門医の治療を受ける事ができます

佐世保市|インプラント手術歴30年

学会認定専門医の安心安全な治療

インプラントは外科手術です、治療はインプラント専門医に御相談下さい。

インプラント学会認定専門医とは?

全国の歯科医師約11万人中、日本最大の日本口腔インプラント学会に所属している歯科医師数は約12,500名です。その中で専門医試験を受け合格し、認定を受けた専門医数は全国で約1,100名、日本の歯科医師中約1%の狭き門で佐世保市の第1号です。同様に、日本歯周病学会認定医も日本の歯科医師中約1%です。歯周病にも配慮したダブルライセンスを持つ理事長が診断・手術する、佐世保市にあるインプラント専門歯科医院です。
30年前に佐世保へインプラント治療を導入し、口コミで多くの方が来院され数千人の方が手術を受けられてます。
最近はインプラント体の材料も進歩し、術式も大きく変わり安全設備の導入で安心しておすすめできる治療法となりました。

笑顔の高齢者

インプラントとは

30年前に佐世保市でインプラント治療を取り入れた頃と比較して、インプラントのシステムは大きく進歩しました。インプラントとは、人工の材料や部品を体に入れることの総称です。歯を失ったあごの骨に体になじみやすい材料(生体材料)で作られた歯根の一部あるいは全部を埋め込み、それを土台にセラミックなどで作った人工歯を取り付けたもので、一般には人工歯根(正式には口腔インプラントあるいは歯科インプラント)インプラントといいます。
インプラントは、基本的に三つのパーツからできています。顎骨の中に埋め込まれる歯根部(インプラント体)、インプラント体の上に取り付けられる支台部(アバットメント)、歯の部分に相当する人工歯(上部構造)から構成されています。
インプラント体の材質はチタンまたはチタン合金で、大きさは直径が3~5mm、長さは6~18mmです。アバットメントの材質はチタン、チタン合金、ジルコニアなど、上部構造の材質はセラミック(陶器)、ジルコニアジルコニアセラミックなどがあります。
インプラント体と骨が強く結合することで、噛み心地も安定し、審美性の高い人工歯冠を装着することで、機能的にも見た目的にもより自然歯に近い状態を得ることができます。
インプラントの残存率は、インプラントの種類によって多少異なります。ブローネマルクシステムで表面処理していないインプラント体を使用した場合の10年間の残存率は、部分欠損の上顎は91%前後、下顎は96%前後、無歯顎の上顎は80%前後、下顎は97%前後になります。上顎の成績が悪いのは、上顎洞や鼻腔があるためインプラント体を埋入できる骨の量が少ない、骨が軟らかいことが多いためです。

笑顔の高齢者

インプラントは今までの入れ歯やブリッジのようなデメリットは少なく,逆にメリットはとても多い治療です。チタン製の人工歯根はあごの骨と強固に結合するので、硬いものでもしっかり咬むことができます。セラミックの人工歯を用いれば見た目も天然の歯と変わりません。よく噛めることで全身の健康にもつながります。
また、インプラント自体が虫歯や歯周病になることはないので、メンテナンスさえきちんと行えば、入れ歯やブリッジより長持ちします。このようにメリットが多い治療のため、当院では30年前より積極的にインプラント治療を導入してます。骨が少ない方にはGBR,GTR,ソケットリスト、サイナスリフト等々、色々の治療法に対応可能です。十分な麻酔下で痛みや腫れの少ない最新の治療方法を導入してます。(歯科麻酔医による静脈内鎮静法可)
医療保険は適応できませんので高額な料金が必要ですが、医療費控除の対象になります。
手術を担当する院長はインプラント専門医として数千例のインプラント手術を経験した経験豊富な執刀医です。

インプラントの仕組み

インプラント体と周りの骨とは隙間なく付いた状態です。一方、天然歯の歯根周りにはクッションの役割を担う歯根膜という組織があります。そのため、かむと歯はわずかに沈み込みます。またこの中には、かんだ時にかかる圧力を鋭敏に感知して、かむ力をコントロールするためのセンサー(受容器)もあります。インプラントにはこのようなクッションもセンサーもありません。骨の弾力によるほんの僅かな沈み込みしか生じません。かむ力はあごの骨の周りの骨膜、かむための筋肉、あごの関節などにあるセンサーによってコントロールされますが、歯根膜にあるセンサーに比べ「感度」が劣るため、天然歯以上に繊細かつ丁寧なかみ合わせの調整が必要です。 また、インプラントの周りの粘膜(歯の場合は歯肉)は天然歯と異なります。天然歯では、歯肉はエナメル質と付着上皮と呼ばれる部分で、その下の結合組織はセメント質と結合し、細菌などが容易に侵入できないようになっています。インプラントにはそのような構造はなく、細菌は容易にインプラントと粘膜の間に侵入します。そのため、継続したメインテナンスが重要となります。また、ブリッジのような方法と違い両隣の歯を削ったり負担をかけたりすることがありません。
咬み合わせと歯周組織のメインテナンスは、日本顎咬合学会咬み合わせ認定医及び日本歯周病学会専門医である理事長の専門分野です。
またインプラント治療が必要な方は噛み合わせが崩壊している場合も多く、歯の矯正治療を同時に行った方が望ましいケースも多々あります。
理事長はインビザライン社認定のプラチナドクターとして矯正治療の経験も豊富な歯医者です。
佐世保市で一貫した高度な専門医によるインプラント治療を、最新の設備と学会情報で受ける事ができる歯科医院です。

インプラント

誰でも治療・手術は受けれますか?

・手術に年齢制限はありますか
成長発育中の子供には基本的には手術はしません。インプラント治療は歯がなくなる40歳後半から60歳代が中心となりますが、高齢者でも抜歯などの手術を受けられる健康状態であれば可能です。
・全身疾患がある場合は治療を受けられますか
手術が伴うため誰でも受けられるというわけにはいきません。心疾患などで症状が重い人や安定していない人は難しくなります。国民病として問題となっている糖尿病患者は、手術後の傷の治りが悪くなり、感染の危険性が増します。また、骨を作る細胞の機能や数が低下して骨結合ができなくなる恐れがあり、治療後にはインプラント周囲炎を起こしやすくなります。血糖値がコントロールされていない人ではコントロールされるまで治療は延期する必要があります。 50歳以降の女性に多い骨粗しょう症は、骨が軟らかいより硬い方が臨床成績がよいため、リスク因子となりますが、本体の埋入方法や骨結合しやすいとされているメーカーの使用などにより対処できます。
・喫煙はリスクになりますか
喫煙により粘膜の血液の流れが悪くなって、傷の治りや骨を作る細胞の増殖や分化に影響し骨の治癒が遅れたりします。内外の論文でも喫煙者と非喫煙者では失敗率が喫煙者の方が高いと報告されています。また、喫煙は手術の結果に影響を与えるだけではなく、治療終了後の経過にも影響を及ぼすので、禁煙をメインテナンス期間に入っても続ける必要があります。
当院では訪問診療にも対応してますので、将来にわたり安心できます。
訪問診療に対応していない医院でインプラント治療を受けて、通院困難となった時に断られてお困りの方が増えてきてます。
インプラント体は多くのメーカーが有り互換性がない場合が多いので、どの医院でも対応出るとは限りません。
どの医院からも断られているインプラント難民も増えてきてます。治療を受ける前に訪問診療に対応してくれるか必ず確認して下さい。
佐世保市で外来から訪問診療まできめ細やかに対応出来る歯科医院です。

ガイデッドサージェリー

ガイデッド・サージェリーとは、CT撮影により得た3Dデータを元にインプラントプランニングソフト(Simplant)上で理想的なインプラント埋入ポジションをシミュレーションし、その計画通りのポジションに歯科インプラントを埋入できるように作製されたサージカルガイド(Simplant-Guide)を使用した手術のことを言います。

インプラントの手術は術者の技量により結果が左右されることが多く、事前に計画した通りに入れることができないこともありました。
しかし近年では、「ガイデッドサージェリー」の普及により、撮影したCTにパソコン上でシミュレーションした位置通りにインプラントを入れることが可能になりました。 こだわりの最新設備と経験豊富な技術が、安全と長期的な予後を支えます。
インプラント手術時にインプラント埋入の位置や角度、埋入深度を正確な方向に導き、またドリルがぶれないように保持し、シミュレーション通りにインプラントを埋入するために必要な補助装置です。サージカルガイドを利用することで手術中のリスクを確実に低減できます。

インプラント費用

代表的な費用項目

①治療前の診断・検査料
②手術費用
③骨が足りない方に必要な手術費用
④手術関連のオプション器具や処置料
⑤上部構造(取り付ける歯の費用)
⑥歯科衛生士によるメンテナンス費用

SPT

治療後のメインテナンスはとても大切です。

咀嚼の役割とメリット
  • 消化と吸収
    咀嚼は、食べ物を細かくし、消化しやすい形状に変える役割があります。良く噛まずに大きなまま食べ物を飲み込むと、胃や腸に負担がかかります。
  • 早食い、過食の予防
    満腹感を脳が感じるには20分程度かかります。良く噛まずに食べると早食いに繋がり、満腹を感じるまでの時間に食べ過ぎてしまいます。
    よく噛むことで食事にかかる時間が長くなり、少量の食事でも満腹を感じ、食べ過ぎを防止します。
  • セロトニンを増やす
    ハッピーホルモンと呼ばれるセロトニンは、咀嚼のリズム運動によっても活性化します。セロトニンは日中につくられ、脳の目覚めや、心身の活力に影響を与えます。
    また、セロトニンを材料にしてつくられるメラトニンは、睡眠の質に大きく関わるホルモンです。朝食でしっかり咀嚼をすることが睡眠の質にも影響するので、大切にしましょう。
  • 唾液の分泌
    咀嚼することで唾液の分泌が促進されて、食べ物と絡まって塊をつくることで飲み込みやすくしてくれます。
    また、唾液にはご飯などに含まれるでんぷんの分解を進め、消化をしやすくする働きもあります。他に、食後酸性に傾いた口内のpHを中和したり、殺菌や歯の再石灰化をしてくれたりするなど、口内の健康を守るために重要な働きをしています。
  • 脳への刺激や引き締まったフェイスライン
    噛むときは、あごや頬などの顔の筋肉の他に側頭筋という頭の筋肉も使います。そのため、「噛む」ことは脳に刺激を与え、脳の働きにも影響してくるのです。さらに、顔の筋肉が引き締まることで、フェイスラインの美しさにも繋がります。
生涯、良く噛んで、おいしく食事をするためにできること

なんでも噛んで食べることができる人の割合は60歳代になると大きく減少します。
生涯、できるだけ食事を歯でしっかり噛み、味わいながらおいしくたべるために必要な事。

  1. 食事中はしっかり噛む、味わうことに意識をしてみましょう。
    どうしても次のひと口に手を付けてしまい、噛まずに飲み込んでしまう人は、一口ごとに一度箸をおいて、しっかり噛みましょう。
  2. 毎日の歯磨き、定期的な歯科医院でのメインテナンスを継続しましょう。
    歯が健康でなければ良く噛んで食事をすることができません。虫歯や歯周病などの早期・発見早期治療で、自分の歯を大切にしましょう。

歯科受付  手術は十分説明を受けて納得してお受け下さい。
健康保険は適用されませんが、医療費控除の対象となります。

健康保険でできる?

新型コロナウイルスに対する当院で行っている取り組み

  • 定期的に共有スペース、待合室、お手洗い、各診療台および院内の消毒
  • 高性能医療用空気清浄機の設置
  • 当院関係者へマスク着用の義務付け
  • 当院の従業員に発熱、咳、倦怠感をともなう場合は自宅待機及び専門の医療機関への受診を指示
  • 世界レベルの滅菌システムで徹底した衛生管理

いずれも常日頃より行っていることではございますが、より一層細心の注意を払い、皆様の安全確保に注力しております。

患者さんへご協力のお願い

患者さんにおかれましても、発熱・咳・倦怠感がある場合または、接触者より感染者が確認された場合はご無理なさらずキャンセルのご連絡をいただきますようお願いいたします。

いずれも患者さんの健康、命をお守りするためにスタッフ一同尽力して参ります。皆様にはご迷惑おかけし申し訳ございませんが、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

医療法人博道会  大串歯科医院
院長 大串 博

>「鬼手仏心」座右の銘です

「鬼手仏心」座右の銘です

理事長 大串 博
生涯常に研修・精進

医療法人博道会 大串歯科医院
歯科、歯科口腔外科、小児歯科、矯正歯科、予防歯科
住所:長崎県佐世保市日宇町678-3
診療時間 9:00~18:30
診療日:月・火・水・木・金・土曜日
休診日:日曜日・祝日
アクセス:佐世保線日宇駅前徒歩1分
予約受付電話 tel  0956-34-2063
患者さん専用駐車場 19台
ホワイトニングメニュー有
 かかりつけ医院からの紹介の場合は紹介状をお持ち下さい。
医療費控除の対象となります。詳しくは税務署にお問い合わせ下さい。

CTR IMG