あおぞら

専門医による歯周病治療

全身の健康を守るために歯周病の治療は正しく受けましょう

歯周病についての解説

歯周病で弱った歯歯周病で歯を失うケースはとても多いです。歯肉炎と歯周炎その原因と治療方法について解説します。糖尿病の方は特に要注意です。

歯周病について|症状と原因

歯周病 佐世保

「歯ぐきの腫れや出血」は歯周病の可能性があります。初期の歯周病はほとんど自覚症状がなく進行し、重症化すると歯が抜け落ちてしまうこともあります。薬や歯磨き粉では根治できません。

歯周病は細菌感染による病気です。その歯周病菌は空気が嫌いな菌です、そのため「歯周ポケット」に入り込んで増殖します。
お口の中でも空気に触れにくい、歯と歯ぐきのすき間である「歯周ポケット」に棲みつきます。しかし健康な歯ぐきの歯周ポケットは2~3mmの深さで、歯周病菌が長くとどまることはできません。ところが歯みがきが不十分だったり、生活習慣が乱れたりすると、歯ぐきがブヨブヨになったり腫れたりしてきます。そして歯周ポケットが4~5mmと深くなり、歯周病菌が棲みついて増殖していくのです。歯と歯茎の境目から膿が出て来ますので、歯周病は口臭の原因となりやすく、悪化すると痛みも出ます。歯と歯の間によく増殖します。
歯周病菌はお口の中でプラーク(歯垢)という汚れとなり歯に付着します。プラークは、口をゆすぐ程度では除去できません。歯ブラシの毛先がきちんと当たった部分だけ除去できるのです。プラークは糖分をエサに口腔内でどんどん増えて、ふくれあがっていきます。そして、古い部分は歯石となって、歯みがきでは落とせなくなります。歯石の表面はザラザラしており、さらに菌が付着してしまうという悪循環に陥ります。口の中の清掃、歯みがきが大切です。
歯周病があまり進行すると、私たち歯周病専門医でも手に負えなくなり抜歯しか選択枝がなくなることもあります。
歯周病がコントロール出来てない状態で、無駄に定期メンテナンスを繰り返しても歯は失われて行きます。
虫歯と歯周病の治療は全く違います、歯周病の検査で歯周ポケットが4ミリ以上残存する場合は、歯周病専門医に診断・治療を受けることをおすすめします。
(かかりつけの歯科医院からの紹介の場合は、できるだけ治療経過が解る診療情報提供書を持参されてください)

歯周病はどこで誰に診てもらえばいいのでしょう?

歯周病は大学病院なら歯周病科です。ところが開業医では、歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科のみしか診療科目を看板に掲示できません。
このことが多くの患者さんがどこを受診すればいいのかの適切な情報がなく、早期の受診を難しくしてます。非常に解りにくい制度です。
佐世保の大串歯科医院は、日本歯周病学会認定歯周病専門医が専門的な高度歯周病治療に対応出来る歯科クリニックです。
歯周病は全身の健康にも深く関わっています。気になる症状があれば、早めに当院へご相談ください。
日本歯周病学会認定専門医は、全国7.5万人の歯科医師中約1000名しかいない歯周治療の専門医のライセンスを持つ歯周病治療のプロ、専門歯医者です。

とくに、重度の歯周病や糖尿病の方は手遅れになると治療困難です、歯周病専門医を受診し対策して下さい。

歯周病を発症するしくみ

歯科衛生士の笑顔

歯周病の原因である歯周病菌は、体内に存在する菌のひとつです。からだが歯周病菌に対して適正な免疫反応を示しているうちは発症することはありません。

しかし口腔内の歯周病菌が増え、中でも悪い菌が増えていってしまうと、免疫反応では対処しきれなくなってしまいます。そうなると、これまで歯周病菌と戦ってきた免疫が、歯周組織を攻撃する側にまわってしまうのです。こうして歯周病が進み、歯の骨まで溶かしていきます。進行速度は人それぞれです。
治療はなかなか困難で、まず出来るだけ予防する事が重要です。

歯周病の検査方法

歯周病菌

順に増悪して行きます

歯周病の進行状態

 

常在菌なので完全除去は難しい

歯ブラシ歯科衛生士

 歯周病菌は体内に存在する「常在菌」のため、完全に除去することは不可能です。しかし菌が存在していたとしても、免疫力があれば菌の活動を抑えることができます。

すなわち、歯周病菌をうまくコントロールして、免疫で対処できるくらいの量に抑えることができれば歯周病が発症することはありません。歯みがきをしっかり行って、歯周ポケットが深くなることを防ぎましょう。

歯周治療は治療後のメインテナンスがとても重要です。資格を持つ歯科衛生士が予防とメインテナンスを対応します。
矯正歯科併設、歯周病の矯正治療も対応出来ます。

歯周病の治療について

禁煙

歯周病は口腔内に増殖した歯周病菌が出す毒素によって、炎症が起こる感染症です。そこで歯周病を治療するには、日々の徹底した管理(プラークコントロール)と歯科医院での歯周病治療で、口腔内の歯周病菌をできるだけ減らしていくことがポイントです。

歯周病治療では、専用の器具を使用して、歯周病菌の棲み家であるプラーク(歯垢)や歯石を徹底除去します。さらに、毎日の歯みがきで歯周病菌の増殖を抑えられるように、患者様に合わせた歯みがき指導を行っています。

喫煙は最大のリスク要因です、禁煙が大切です。
歯ぎしりもリスク要因なので対応が必要です。

ベーシックな治療から、一般の歯科医院では対応出来ない歯周再生療法、歯肉移植術、骨移植等の歯周外科手術にも対応可能です。
美容目的ではなく歯周病治療のための歯列矯正も行います。

歯周再生療法|歯周外科

他医院で抜歯を勧められた患者さんも一度相談して下さい

歯を支えている周囲の骨などの組織を、薬剤を使って回復する再生療法について詳しく説明しています。抜歯を回避できる希望が有ります。

歯周再生療法

一般の歯科医院では、行われていない歯周組織再生療法という治療法があります。歯周病が進行し、歯を支える骨が失われてしまった結果、抜歯を勧められたけれども何とかして歯を残したいという患者さんの治療を積極的に行っています。歯周病によって失われた骨等の歯を支えている組織を回復する治療法です。失われた組織を回復するために必要な場所を作り、失われた組織を誘導する薬剤をその中に入れ、失われた骨等の組織を再生させる治療法です。
歯周病が進行すると、歯肉や歯槽骨などの歯周組織が破壊されてしまいます。
歯周病治療により、進行を止め、歯肉の状態を改善する事は可能ですが、一度失われた組織を元の状態に戻すことはできません。
つまり、歯周病治療が成功すると、歯肉の腫れや出血はなくなりますが、一度減った骨は再生しませんので、進行した歯周病では、歯はぐらぐらのままの事があります。
しかし、歯周組織再生治療により、骨を含む歯周組織の再生が可能になりました。

当院では、再生をするために必要な細胞を歯の根の表面にくっつけるタンパク質 — エムドゲインや再生をするために必要な細胞を増殖させるリグロスといった誘導薬剤を用います。リグロスの成分は細胞を増やす成長因子で、この成長因子の作用により歯周病で破壊された歯周組織の再生を促進する治療法です。
フラップ手術で、プラーク・歯石などを取り除いた後に歯槽骨の欠損部にリグロスを塗布し、歯を支えている歯周組織の再生を促します。
リグロスと同じ成分は、すでにやけどや床ずれなどの治療に使用されています。
また、2016年9月よりリグロスによる歯周組織再生療法は保険適用となりました。ご希望の方はお気軽に相談して下さい。

 

全身疾患とのつながりについて

歯周病は、歯ぐきや歯を支える骨など、お口の中だけの病気ではありません。全身の健康にも大きく影響を及ぼすことが分かっています。菌が血液を介して全身に運ばれることによって、様々な病気を引き起こすのです。

歯周病と全身疾患について詳しくはこちらです

日本歯周病学会

日本臨床歯周病学会

新型コロナウイルスに対する当院で行っている取り組み

  • 定期的に共有スペース、待合室、お手洗い、各診療台および院内の消毒
  • 高性能医療用空気清浄機の設置
  • 当院関係者へマスク着用の義務付け
  • 当院の従業員に発熱、咳、倦怠感をともなう場合は自宅待機及び専門の医療機関への受診を指示
  • 世界レベルの滅菌システムで徹底した衛生管理

いずれも常日頃より行っていることではございますが、より一層細心の注意を払い、皆様の安全確保に注力しております。

患者さんへご協力のお願い

患者さんにおかれましても、発熱・咳・倦怠感がある場合または、接触者より感染者が確認された場合はご無理なさらずキャンセルのご連絡をいただきますようお願いいたします。

いずれも患者さんの健康、命をお守りするためにスタッフ一同尽力して参ります。皆様にはご迷惑おかけし申し訳ございませんが、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

医療法人 博道会   大串歯科医院
院長 大串 博

>佐世保市の歯科医院

佐世保市の歯科医院

医療法人博道会 大串歯科医院

クリニック、アクセス案内
診療科目:歯科、歯科口腔外科、小児歯科、矯正歯科
住所:長崎県佐世保市日宇町678-3
佐世保線日宇駅徒歩1分
予約受付電話 TEL:0956-34-2063
診療時間 9:00~18:30
診療日:月・火・水・木・金・土
休診日:日曜日・祝日
西九州自動車道大塔インターから車で7分
お車利用の場合は、患者さん専用駐車場 19台
かかりつけ医院からの紹介の場合は診療情報提供書をお持ち下さい。
ホワイトニングメニュー有
無料歯並び相談受付中
訪問診療対応

CTR IMG