小児歯科専門

一人ひとりの個性に合わせた治療法

    子供達、一人ひとりの個性に合わせた治療法

    小児歯科は子供達の頑張る気持ちを全力で応援します!

    歯医者さんの役割って何でしょう?

    ・虫歯をちゃんと治してくれるところ?
    ・歯ブラシのやり方を教わるところ?
    ・虫歯にならないようにフッ素を塗るところ?
    ・クリーニングをするところ?

    もちろんどれも歯医者において欠かすことができない役目です。

    大人の患者さんだったら当たり前のようにチェアーに座ってもらいやることの一つ一つが子供にとってはハードルです。
    初めてのことを経験する時に感じる一歩踏み出す勇気、そうして得られる達成感は自信へとつながり、色々なことを努力 できる子供、挑戦する気持ちを持つ子供へと成長すると考えています。 一人一人の頑張りを応援する、 私たちは歯科治療を通じてあなたのお子様の成長を喜び見守ります。

    歯科恐怖症の原因

    歯科恐怖症の原因はいろいろありますが、一番多いのは幼少期の歯科治療の怖い経験です。

    かつての日本の歯科医院では、子供の人数が多かった事、そして虫歯の数が多かった事もあり、一人一人にあまり時間をかけられず、騒ぐ子供は押さえつけて、半ば強制的に虫歯治療をする事が日常的に行われていました。
    また、子供の時に麻酔があまり効いていない状態で、『我慢して!』と言われながら、痛い思いをしながら虫歯を治療された経験を持っている方も多くいます。
    そして、そういった経験が記憶に残り、歯科恐怖症になってしまっている方がとても多いのが現状です。
    更に、大人になっても、やはり麻酔がうまく効かないまま、痛いのを我慢しながら治療された経験で、歯科恐怖症になってしまった方も少なくありません。
    ただ、大人になってから歯科恐怖症になっている方は、治療そのものではなく、歯科医師からの心無い言葉や罵声など、精神的な面で歯科恐怖症になってしまっている方も多いのです。
    つまり、怖くて歯科医院へ受診できなくなり、虫歯を放置してひどい状態にしてしまった責任は、患者さん自身だけではなく、歯科医師側の責任も大きいと言えるわけです。

     大切な事は治療の進め方です。
    乳歯に虫歯があっても、今上手に出来ない子は慌てて治療しないで練習をしましょう。
    少し時間を下さい。
    親が慌てて治療を要求すると歯科医は頑張って治療します。
    しかしそれは子供にとって嫌な経験です。歯科医院に喜んで行かなくなります。
    そうなると、永久歯に虫歯が出来やすくなります。
    乳歯の虫歯が多少進んでも大きな問題ではありません。それより永久歯に虫歯を作らないことが大切です。

    https://dental-japan.com/wp-content/uploads/2022/03/smiling_staff_with_toothbrush-150x150-1.png

     是非、同じ目標「永久歯の虫歯ゼロ」に向かって。子供が楽しく歯科医院へ通えるように楽しみましょう!

    子どもたちの歯を守るのは、私たち大人です

    大人の歯よりもやわらかく虫歯になりやすい子どもの歯。そのうち永久歯に生え替わるしと、ケアを軽視してしまう親御さんも少なからずいらっしゃるようです。
    しかし、子どもの頃の口腔内環境は、大人になっても必ず影響します。
    適切な予防・治療で、子どもたちの歯をしっかり守りましょう。適切な口腔ケアを行えば、お子さまの虫歯を予防することができます。

     

    佐世保市の小児歯科

    子どもは小さな大人ではありません。

    子どもには子どものための、特別なむし歯予防や歯科治療の方法があります。
    歯が生えたばかりの赤ちゃんでも、泣きむしさんも大暴れくんも大丈夫。
    ここは子どもに合わせた歯科医院です。
     「子どもが嫌がるので治療を延期しているけれど、むし歯が進まないか心配」
     「歯医者さんに行ってみたけれど大泣きして口もあけなかった」
     「赤ちゃんの歯が生えてきたけれど、どうケアしたらいいの?」

    https://dental-japan.com/wp-content/uploads/2022/03/smiling_staff_with_toothbrush-150x150-1.png

    などなど、お困りの方は何でもぜひご相談ください。福岡市と佐世保市で7院、お近くのスマイルライン歯科・矯正歯科・小児歯科医院

    24時間WEB予約

     

    関連記事

    TOP