インプラント専門医

インプラント手術用ガイドとは? シムプラント

    インプラント手術用ガイド、シムプラントとは?

    CT撮影後、インプラント術前シミュレーションソフト「SimPlant(シムプラント)」にて手術計画を立案します。

    インプラント術前シミュレーション

    CTで撮影した画像をもとに患者様の顎の骨の状態を3次元画像に変換し、術前のインプラント治療計画を行います。
    シムプラントを用いて、あらゆる角度からの3次元画像による説明も可能です。自分の骨の状態、神経・血管の位置と、
    その情報に基づいた治療計画を3次元画像により把握することで、より安心・安全性の高い手術を行うことができます。

    シムプラントの特長

    • 使用するインプラントの長さや太さについて最適なものを選択できます
    • インプラントを埋入する位置や角度や深さについて最適な状態で行うことができます
    • 術前に何度でもシュミレーションができるので、納得いく治療プランを構築できます

    なぜCT撮影が必要なのでしょうか

    simplant

     

    歯科でよく行う簡単なX線撮影は歯の様子を見たり、むし歯の治療をするのにはとても役立ちます。
    ただし、インプラント(人工歯根)治療を安全に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。
    骨の硬さや形、神経の位置など一人一人個人差があり異なります。
    CT撮影した画像を利用したシムプラントによる精査は、顎の骨の形や硬さがわかるだけでなく、神経・血管の位置なども正確に把握することができます

    ガイドシステムで正確性の高いドリリングとインプラント埋入を可能にします

    インプラントガイド

     

    ガイドシステムとは、シムプラントでシミュレーションした通りの位置にインプラントを埋入するための支援システムです。

    手術用のガイド(サージカルステント)は、コンピューターテクノロジーのCAD/CAMにより作られ、ガイドに設けられたホールがインプラントの埋入を正確にナビゲートします。とても正確に安全に手術を受ける事が出来るだけでなく、上部の被せ物の位置が咬み合わせに最適な場所になりますので結果として長持ちします。
    インプラント手術を受ける際には必ずこのガイドを使用して手術してくれるか確認して下さい。とてもとても重要なステップです。

    サージカルステントの特長

    • 治療計画した位置にインプラントを埋入できます
    • 安全性を高め、比較的短時間でインプラント埋入手術が可能となり患者さんの負担が軽減できます
    • 予知性の高い治療でリスクを低減し安心・安全な手術をサポートします。他の医院で「骨が少ない。」などの理由でインプラント治療を断られた方でも、この3Dシュミレーションソフトで診断することによって、極めて正確な診断を行えるようになりました。状態次第では、インプラント治療が可能と判断できる場合があります。まずは一度、当クリニックにご相談ください。

    受付スタッフ

    関連記事

    TOP