BLOG

インプラント治療の解説

    「インプラントは絶対にだめ!」という噂を聞いたことがある方。

    本来とても良い診療方法であるインプラントが絶対だめと言われるのはどうしてでしょうか?日本口腔インプラント学会認定専門医である理事長が、インプラントは絶対にだめと言われている理由は何故かを解説しました。 インプラントを選ぼうと思っていたけど、良くない噂を聞いて心配な方 他の治療

      咀嚼とインプラント

      インプラントはよく咀嚼できる歯を失ったときには、入れ歯、ブリッジ、インプラントという3つの代表的な治療法があります。しかし、入れ歯やブリッジは噛む力が弱く、元の自分の歯とまったく同じには噛むことができません。しかし、インプラントは自分の歯と変わらぬ力で何でも噛むことが可能です。

        歯を失う原因

        歯を失う原因皆さんご存知ですか?実は、30歳以上の人が歯を失う最大の原因は虫歯ではなく、歯周病です。自分では気づかない軽度のものを含めると、成人の8割以上の方がかかっているといわれています。歯周病に好発年齢はありませんが、加齢とともに唾液の分泌量が減り、口の中が乾

          無歯顎(総入れ歯)を固定式インプラント治療

          オールオン4なら総入れ歯の方も負担を抑えてインプラント治療がうけられます。All-on-4とは、片顎、もしくは両顎全てを失った方のためのインプラント治療です。総入れ歯をお使いの患者様には、「噛むと痛い」「上手く物が噛めない」のお悩みをお持ちの方はとても多いですが、All-on-4®で噛める喜びを

            インプラント治療とメインテナンスの重要性

            インプラント治療とメインテナンスインプラントの寿命とメンテナンスの関係どんな長生きの人にも寿命があるように、歯の治療に使われるインプラント・ブリッジ・入れ歯にもそれぞれ寿命があります。特に、顎の骨に直接埋め込むインプラントは、使っている本人でも状態が分かりにくいことから、寿命

              インプラントの寿命を延ばすためにできる事

              インプラントの寿命を延ばすためにできる事インプラントは、10年間の残存率95%以上と言われています。ブリッジは7〜8年、入れ歯は4〜5年という。しかし、インプラントも天然歯と同様にインプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」にかかると、インプラントを使い続けること

                インプラント手術用ガイドとは? シムプラント

                インプラント手術用ガイド、シムプラントとは?CT撮影後、インプラント術前シミュレーションソフト「SimPlant(シムプラント)」にて手術計画を立案します。CTで撮影した画像をもとに患者様の顎の骨の状態を3次元画像に変換し、術前のインプラント治療計画を行います。シムプラントを

                  インプラント治療の流れ

                  インプラント治療の流れ1.カウンセリング治療に入る前に十分なカウンセリングを行います。なぜ歯を失ってしまったのか、インプラント治療を行うことでどのような回復を求めているかなど、患者さんのお気持ちや要望をしっかりお聴きします。失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大き

                    インプラント治療費の解説

                    わかりやすいインプラント治療費についてインプラント1歯手術料・材料費(サージカルガイド含む)・上部構造、合計約32~36万程度です。歯が1本も無い方がall on4で治療される場合は、150万(インプラント4本)~280万(インプラント6本)です。骨の状態で本数が

                      インプラント難民問題|佐世保市歯医者

                      最近学会でも問題のインプラント難民問題インプラント治療を受ける際は健康な状態で受ける事が多いですが、誰でも年を取ったり病気をしたりします。外来に通院できるときは良いのですが、通院困難となった際に訪問診療を依頼すると思います。その際にたらい回しとなり治療を受けれないケースが増えて問

                      TOP