小児と大人の治療の違い

子ども達の健康のために

虫歯のない子はいないほどに、日本の子供の歯の健康は、そこなわれています。厚生省が実施している「歯科疾患実態調査」によると、5~15才の子供たちの乳歯と永久歯をあわせた虫歯の有病率は実に90パーセント以上になります。まさに虫歯ほど羅患率の高い病気はないといえます。

しかしながら、現在においても周囲の大人たちが「たかが、虫歯なんて…」「別に命にかかわる病気じゃないし…」「そのうち生えかわるし…」と考えていたなら、不幸なことです。永久歯及び永久歯列に大きな影響を及ぼします。

虫歯から大切なお子さま、そして歯を守ってあげられるのは、ご両親をはじめとした周囲の大人たちの理解です。
また、子供の成長途上にある変化の激しいお口の中の事を考えると、単に痛い時、痛い歯だけを治療するだけではなく定期的に発育を観察する必要が有ります、いわゆる定期検診です。総合的に口の中全体を診察し、大切なお子様の歯の健康・成長の維持増進を計ることが大切です。

より良い理解を目指して 〜カウンセリングシステム〜  信頼関係の樹立

心身ともに感受性の高い小児期の予防および治療などにおいては、保護者の小児歯科に対する知識と信頼関係とご協力が必要です。
お話は約30~60分程度です。

 

佐世保市の小児歯科医院

>医療法人博道会大串歯科

医療法人博道会大串歯科

クリニック、アクセス案内
医療法人博道会 大串歯科医院
診療科目:歯科、歯科口腔外科、小児歯科、矯正歯科、予防歯科,インプラント、歯周病
住所:長崎県佐世保市日宇町678-3
佐世保線日宇駅徒歩1分
予約受付電話 TEL:0956-34-2063
診療時間 9:00~18:30
診療日:月・火・水・木・金・土
休診日:日曜日・祝日
西九州自動車道大塔インターから車で7分
お車利用の場合は、患者さん専用駐車場 19台
かかりつけ医院からの紹介の場合は紹介状をお持ち下さい。
ホワイトニングメニュー有
無料歯並び相談受付中

CTR IMG