インプラント専門医

インプラントとは?|佐世保市 歯科医院

    インプラントとは|佐世保市歯科医院

    歯を失った場合、いくつかの治療方法がありますが、インプラント治療とは、失われた歯の代わりに、歯ぐきの骨の中に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に自然歯に近い人工歯を装着する治療法のことです。
    インプラント体と骨が強く結合することで、噛み心地も安定し、審美性の高い人工歯冠を装着することで、機能的にも見た目的にもより自然歯に近い状態を得ることができます。

    インプラントが有効なケース 歯を1本失った場合

    植える

    従来のブリッジによる治療の場合

    歯を失った部位の両隣の歯を削って、人口歯のキャップ(クラウン)を作り、そのクラウンに歯のない部分のダミーの人口歯を連結してブリッジ形状の修復物(ブリッジ)を制作します。ブリッジ治療は比較的美しく仕上がりますが、歯を失った部分は人工の歯が歯ぐきの上に乗っている状態ですので審美性は劣ります。また、両隣の歯を削る必要があり、健全な歯の場合は歯質へのダメージが大きくなります。

    インプラントによる治療の場合

    歯を失った部位にのみインプラントを埋め込みます。インプラントに専用のクラウン(上部構造)を取り付けます。天然歯と同様に歯ぐきの内側から歯が萌出した状態ですので、自然な感じが蘇ります。また、健康な歯を削る必要がないこともメリットの一つです。

    歯科衛生士

    インプラントが有効なケース 歯を複数本失った場合

    笑顔の高齢者

    従来の治療の場合は部分入れ歯となります

    最後方の奥歯を含む数本の歯を失った場合は、ブリッジ治療はできませんので、反対側の歯にまで金属製のバネをつなげた取り付け式の入れ歯をつけることになります。舌触りに違和感があり、長期的にはバネを引っ掛けた歯に負担がかかり続けることになるので、安定感が損なわれるだけでなく、さらに歯を失っていく可能性も否定できません。

    インプラントによる治療の場合

    歯を失った部分のみにインプラントを埋め込み、専用のクラウン(上部構造)を取り付けます。上部構造はしっかりと固定されますので、違和感もなく安定した噛み合わせが蘇ります。

    インプラント治療の流れ  レントゲン撮影 まずは、インプラント治療が可能かも含め、診断のためにレントゲン撮影を行います。

     カウンセリングで、診断結果や治療期間・スケジュール、料金に関する説明を行います。最終的に治療計画を決定します。

    治療開始

    まずは、インプラント体を歯槽骨内に埋め込み、数ヶ月後に顎骨としっかりと結合したあとに歯冠を装着することになります。
    外科手術を行いますので、患者さん毎に経過を観察しながら数ヶ月かけて治療していくことになります。

    治療終了後のメンテナンス

    インプラントは、ただ埋めて終わりではありません。治療後はメンテナンスが重要です。治療後すぐは1-2週間後に来て頂いて、咬合の調整や経過観察を行います。
    経過観察がしばらく続くと、メインテナンスを行います。口腔内を清潔に保っておくことはインプラント術後の非常に重要なポイントです。
    もしもそれがきちんとできていないと、インプラント周囲炎になり、場合によっては長く持たなくなる可能性があるのでメンテナンスは必ず受ける必要があります。

     

    安心してインプラントを受ける事が出来る理由

    笑顔のインプラント専門医

    インプラント専門医の経験豊かな歯科医師です

    当院の院長はインプラント専門医の資格を有しており、これまでに30年間多数のインプラント処置の経験があります、安心して治療を受けていただくことが可能です。

    万全の感染対策をしっかり行なっています

    治療に使う器具の滅菌はもちろん、治療者の身につけるものについても感染防止キットを導入してます。
    治療に携わる歯科医師や歯科衛生士は全員が使い捨ての抗菌済みキャップ、ガウンを身につけて手術に臨みますので、感染対策もバッチリです。

    インプラント体にもこだわっています

    インプラント体にも様々なメーカーや製品がありますが、当院が使用するインプラント体は、高品質で安心安全の国産の製品を使っています。
    インプラント難民対策も十分です。もちろん訪問診療での対応も致しております。

    関連記事

    TOP