博多駅南院

虫歯が再発しにくいセラミック治療

    虫歯が再発しにくいセラミック治療

    金属のかぶせ物の中がむし歯になることがあります

    金属の詰め物、かぶせものは歪み、変形、ズレなどにより隙間ができ、虫歯になっている可能性があります。

    患部が詰め物や被せ物で覆われているため、見た目で虫歯に気づけません。また、最初の虫歯治療で神経を除去した場合は痛みも感じません。

    イメージ

    セレックのセラミックの歯は、なぜむし歯になりにくいのか?

     

    セラミックのメリットを考えた時、審美性の高さをイメージする方がほとんどだと思います。

    確かにそれは事実ですが、セラミックのメリットはそれだけではありません。そして、セラミックのメリットの1つとして二次虫歯の予防しやすさが挙げられますが、そもそもなぜセラミックだと二次虫歯を予防しやすいのでしょうか。

    セラミックは材質的に表面がツルツルしているため、プラークが付着しにくくなっています。プラークには虫歯の原因菌が含まれているため、それが付着しにくいことで二次虫歯を予防しやすいのです。

    天然歯は、時間の経過と共に徐々にすり減っていきます。金属の被せものと天然歯の硬さが違うので間に隙間が生まれ、そこから虫歯が発生してしまいます。

    セレックのセラミックは、周りの天然歯と同程度にすり減ってくれる性質があるので、天然歯とセラミックの間にすき間が生じることがほとんどありません。

    また、セラミックの接着は銀歯に比べて頑丈で、そのため隙間が生じにくく二次虫歯を予防しやすいのです。

    セラミックは金属アレルギーの心配がありません。

    生体親和性の高いセラミックは、金属アレルギーにならず、変色してしまう心配もございませんので、安心・安全、身体にやさしい素材です。

        

    セラミックは確かに二次虫歯を予防しやすいものの、あくまでそれは万全なケアがあってこそ言えることです。いくらプラークが付着しにくくても歯磨きをしなければプラークは付着しますし、検診を受けずに放置すればやがてはセラミックも寿命になって隙間が生じてしまうでしょう。

    このため虫歯予防の基本ができていなければ、例えセラミックでも二次虫歯は起こります。セラミックは二次虫歯を予防しやすくなりますが、絶対に予防できるわけではありません。その意味でも、セラミックにした後は定期的に検診を受けて二次虫歯の徹底予防が必要です。

     

    関連記事

    TOP