博多駅南院

歯科用CTとは?|正確な診断と治療

    歯科用CTとは?|正確な診断と治療

    歯科用CT(Computed Tomography)とは、CT撮影装置とコーンピュータ処理により撮影データを3次元的に構築し、骨の状態などが正確・高精度に診断できる装置のことをいいます。
    従来の一般的な歯科用レントゲンでは判別が難しかった骨の厚みや密度までも簡単に計測できるようになりますので、より高度な治療が可能になります。

    より正確な診断と、より安全な治療をするために

    従来のX線写真では、2次元の平面での診断しかできませんでしたが、この歯科用CTでは3次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られ、飛躍的に精度が向上しました。

    見えなかった部分が見える

    一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになり、顎の内部構造なども正確に見ることができます。

    分からなかったことが分かる

    顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できるので、確かなインプラント治療を行うのに必要な情報を得ることができます。

    治療の安全性が広がる

    歯科用CTはインプラント治療だけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く様々な歯科治療に応用することができます。
    それぞれの治療内容において、より正確な診査・診断を行い、治療の安全性を高め、患者様が納得のいく治療を提供することができます。

    インプラント治療

    インプラント治療の成功のカギになる骨の量・骨の密度がCTにより正確に算出されることで治療の成功率は飛躍的に向上します。
    またインプラントの埋入量や方向なども的確にシミュレートされるので、CT撮影なしで行う手術に比べ安全性も格段に向上します。

    歯周病治療
    骨が溶けてしまう病気である歯周病の検査では、これまでプローブという器具で骨のない場所を手探りで見つけていました。
    CT撮影では三次元的に骨のない場所が画面上で一目で分かるためプローブの入らない場所でも正確に病巣を見つけることができます。
    神経の治療

    三次元的に絡み合う歯の神経の治療は、これまでのレントゲンでは正確に診断出来ませんでした。
    CT画像は任意の場所を正確に立体化できるため、治療の精度や予後に大きな差がでできます。

    CT画像

    親知らずの診断
    親知らずのすぐそばを通る大きな血管と太い神経を立体的に把握することで、最悪の場合神経麻痺がでることもある親知らずの抜歯をCT撮影で安
    全に行うことができます。
    CT撮影画像、博多駅歯医者
    歯の破折
    歯の割れた方向によってはこれまでのレントゲンで全く診断が不可能だったケースでも、立体的な画像が得られるCTで正確に診断が可能になる場合があります。
    お口全体を考えた治療計画
    お口の中を3Dモデルとして正確に再現できるため、小さな虫歯から大きな問題まで一口腔単位というトータルで考えることができるようになり、治療の迅速化・効率化につながり患者様の負担も少なくなります。
    気道の測定
    睡眠時無呼吸症候群などで製作する、スリープスプリントの診断に使用出来ます。

    Ct気道画像、睡眠時無呼吸症候群

    セファログラム、マウスピース矯正治療

     

     

     

     

     

     

     

     

    関連記事

    TOP