かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に認定されました

    当院は厚生労働省から地域の他の医療機関と連携し、必要に応じて適切な歯科医療サービスを提供できる歯科診療所である「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されました。

    かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは

    お口の機能の維持・改善により患者様の健康寿命を伸ばすこととQOL(生活の質)の改善を図るという目標に向かい、国(厚生労働省)が新設した認定制度です。

    一人ひとりの患者様へ、生涯にわたり安心・安全な治療を提供することはもちろん、定期的なお口の検診や予防を図ることで患者様の健康に寄与することができると認められた歯科医院です。かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に指定されたことで、今後は歯周病だけでなく、虫歯の予防や通院困難な方への口腔内ケアを強化し、お口の機能低下の重症化を包括的に防ぐことができます。そして、時には、患者さんの身体の状況に応じた歯科保健サービスを、地域の他の医療機関や包括支援センター等と連携して、地域ぐるみで歯科医療を提供していきます。

    かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に認定されるためには?

    下記の要件を満たしている歯科医院のみが厚生労働省より認定されます。

    1.医療安全対策及び、高齢者の口腔機能管理に係る研修を受けている常勤の歯科医師が在籍していること
    2.歯周病予防やメンテナンスができる常勤の歯科衛生士が在籍していること
    3 .在宅医療を行う医科や緊急時の連携している保険医療機関があること
    4.AED・酸素・救急蘇生薬剤など緊急時に対応できる設備、器具などがあること
    5.滅菌・感染防止に必要な設備があること
    6.今までに訪問歯科診療や歯周病のメンテナンス、補綴物の維持管理を行ってきたこと

    かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に認定されて具体的にどうなるのか?

    むし歯になりそうな歯へのフッ素塗布が毎月保険で行えるようになります
    歯周病の治療が終わり歯周病の状態が安定した患者さんは、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の指定を受けた歯科医院では、SPT(歯周病の定期的なメインテナンス)が必要であれば毎月1回受ける事が出来ます。

    (かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所ではSPT2、それ以外の歯科診療所ではSPT1。保険点数評価上の評価があります)

    佐世保市の「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の医院名は公表されてます。→ココをクリック「か強診」と記載されている歯科医院です。

    佐世保・大串歯科医院

    ———————————————————————————————————————–

    歯科の医療機器使い回し「対策不十分」…厚労省、都道府県に指導依頼

     歯を削る医療機器が患者ごとに交換されず、使い回されている問題で、厚生労働省は、歯科医療機関に滅菌などの院内感染対策の徹底を周知するよう、都道府県などに通知を出した。

     「ハンドピース」と呼ばれる歯を削る医療機器は、治療時に口に入れるため、唾液や血液が付きやすく、院内感染対策が講じられないとウイルスなどを次の患者にうつす心配がある。

     そのため日本歯科医学会の指針は、患者ごとに機器を交換し、高温の蒸気発生装置で滅菌するよう定めている。しかし、今年5月に公表された厚労省研究班のアンケート結果によると、「ハンドピースを患者ごとに交換し滅菌している」と回答した歯科医療機関は52%にとどまった。

     通知では、「依然として院内感染対策の取り組みの徹底が不十分」とした上で、都道府県などに対し、必要に応じ滅菌の指導を行うよう依頼した。

     また、衛生管理を重点項目として保健所が立ち入り検査を行い、対策が不十分なことが分かった歯科医師に徹底した指導を行い、厚労省に報告することも求めた。

    関連記事

    1. 目に見えない安全を再度説明