歯周病の進行を知るための検査

歯周病の進行を知るための検査法

プロービング検査

歯周ポケット

歯周ポケットの診査は、歯周病の進行状態を評価するために必要な検査で、直視できない歯肉の内側の炎症や歯石の有無、歯根の形態などを確認することができます。
歯周プローブという器具を歯周ポケットに挿入(プロービング)して、歯周ポケットの深さ(mm)や出血の有無などを調べます。
プロービングにより歯周ポケットがどの程度深くなっているのか、歯周ポケットから出血や膿が出てこないかなどを調べます。
プロービングは20gぐらいの力(指先に検査器具を軽く押し当てて爪が白くなる程度の力)で測ります。
健康な歯茎だと深くても3mm程度です。
歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなります。
歯肉炎は仮性ポケット(歯肉ポケット)が2~6mm、軽度歯周炎は歯周ポケットが3~5mm、中等度歯周炎は4~7mm、重度歯周炎は6mm以上になります。
また、プローブを歯周ポケットの中に軽く挿入した時の出血の有無(BOP)で炎症の程度を判断します。

X線検査方法

レントゲンの説明

X線検査をして骨が溶けていないか、溶けているならどの程度なのかを調べます。
X線検査は通常小さなX線フィルムを10〜14枚程度撮影します。

エックス線検査で歯槽骨や歯の状態を調べます。歯周病で骨が溶けている部分を確認することができます。

デンタルエックス線写真は、歯や歯槽骨の状態が詳しく分かる撮影法ですが、1枚の写真には3~4本の歯しか写らないため、すべての歯を調べるために10枚ないし14枚のエックス線写真撮影が必要になります。

デンタル

パノラマエックス線写真では、上下すべての歯、顎の骨、顎関節、上顎洞など、口の中だけでなくその周囲まで全体的に調べることができます。

パノラマ写真

歯科用3D・CT写真

CT画像

3DCT

 

歯肉の診査(口腔内写真撮影)

写真

 歯肉の状態やプラーク・歯石の付着状況を観察することで、口腔内環境や歯周病の進行状態を確認することができます。

歯周病の口腔内では、歯肉が赤く腫れたり、歯肉からの出血や膿が出たり、プラーク(白~黄色)や歯石(黄色~茶色)が付いています。

歯周病治療の各ステップで口腔内写真を撮影することで、現在の状態や治療の効果を判断することができます。

口腔内カメラ

動揺度の検査

歯周病によりどの程度歯が動いているかを調べる検査です。歯のぐらつき度を診査することで、歯周組織の破壊の程度を判断します。ピンセットで歯の動揺度(0度~3度)を調べます。

歯周病が進行すると、歯を支えている骨が溶けて歯のぐらつきが大きくなります。

動揺度 0度:正常
動揺度 1度:前後にわずかに動く
動揺度 2度:前後左右に動く
動揺度 3度:前後左右上下に動く

かみ合わせの検査

バランスよく噛み合っているか、歯ぎしりや食いしばり等の害がないか等を調べます。

受付

>佐世保市の歯科医院

佐世保市の歯科医院

医療法人博道会 大串歯科医院

クリニック、アクセス案内
診療科目:歯科、歯科口腔外科、小児歯科、矯正歯科
住所:長崎県佐世保市日宇町678-3
佐世保線日宇駅徒歩1分
予約受付電話 TEL:0956-34-2063
診療時間 9:00~18:30
診療日:月・火・水・木・金・土
休診日:日曜日・祝日
西九州自動車道大塔インターから車で7分
お車利用の場合は、患者さん専用駐車場 19台
かかりつけ医院からの紹介の場合は診療情報提供書をお持ち下さい。
ホワイトニングメニュー有
無料歯並び相談受付中
訪問診療対応

CTR IMG