長崎県佐世保市日宇駅1分|スマイルライン歯科・矯正歯科 佐世保

佐世保線「日宇駅」前徒歩1分 駐車場19台有り
WEB予約 メール相談
キービジュアル

「神経を抜く必要がある」と
他院で言われた方。

諦めないでください。

以下の方法を用いることで
まだ、神経を残せる可能性が
あります。

  • 「マイクロスコープ」の活用
  • 「レーザー機器」活用
  • 「MTAセメント」活用

安易に、神経は抜く提案はしないとお約束します

ドクター

神経を取るのは簡単ですが、残すのは難しく正確な診断や治療が欠かせません。神経は重要な組織のひとつで、酸素や栄養を歯に運ぶ役割があり失うと歯が脆くなって寿命が短くなります。

当院では、虫歯が進行している状態でも、神経を取る判断をするのは最後の手段と考えています。

できる限り神経を守る治療ができるように「マイクロスコープ」「レーザー治療」「MTAセメント」を取り入れています。(全ての歯が神経を残せるわけではありません。

神経を残すのに欠かせない3つの取り組み

ここでは、当院で使用しているマイクロスコープ・レーザー機器・MTAセメントについて紹介していきます。

マイクロスコープを活用した
ミクロン単位の治療

マイクロ

マイクロ2

裸眼では、目で見える範囲でしか治療することができません。細菌を取り残し再治療になる可能性が高いです。

一方、マイクロスコープは歯科用顕微鏡とも言われていて歯の内部を約4倍〜20倍に拡大して治療が行えます。

マイクロスコープは、裸眼では見えない部分を見えるようにしてから治療を行うため、無駄のない正確な治療が可能です。

レーザー1

レーザーで歯を削る量を最小限にする

レーザー2

レーザーは、虫歯をピンポイントに治療でき歯を削る量を最小限に抑えることができます。

今までの治療法では、虫歯と一緒に歯の一部を削ってしまい、薄くなり割れやすい歯になってしまいます。

また、殺菌効果があり、歯の内部の細菌を増やさず安全に治療を進めることが可能です。

MTAセメントで無菌化・封鎖・石灰化を徹底

MTA

MTAセメントとは、Mineral Trioxide Aggregateの略で歯の神経を残すのに欠かせない材料です。

MTAセメントを使用することで、神経の外側にある象牙質を形成して細菌の進行を食い止める効果が期待できます。

また、歯の中にいる菌の働きを抑えて無菌化したり患部を緊密に封鎖したりする効果があります。

当院では、上記の効果の他にも、人体に馴染みやすく優しい材料であるMTAセメントを取り入れています。

当院の治療の流れ

STEP1診査診断・治療計画の説明

説明

視診や触診、レントゲン写真で口の状態を細かく把握していきます。また、診査後は虫歯の進行状態や治療法をわかりやすく説明していきます。

当院では、強引に治療を進めることはありません。患者さんが納得した上で治療を開始していきます。

STEP2治療開始

治療

マイクロスコープやレーザーを使用しながら虫歯を正確に取り除いていきます。虫歯の除去後、MTAセメントを塗布して様子をみます。

STEP3予後の確認

予後

一定期間の経過後、痛みやしみるといった症状が出ていないことを確認し、最終的な詰め物や被せ物の治療を行っていきます。

また、治療法について第三者に意見を聞くセカンドオピニオンも受け付けていますので、お気軽に下記からご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • メール相談

電話番号

フリーダイヤル 0120-648-005 / 0956-34-2063

住所

〒857-1151 長崎県佐世保市日宇町678-3

このページの先頭に戻る