最新のマウスピース矯正

昭和の矯正治療は、メタルブラケットにメタルワイヤーを使用する方法がほとんどでした。しかし、目立っておかしいため、平成になるとメタルからセラミックやプラスティックのブラケットが導入されました。ですが、違和感や痛み、口内炎が出来やすいため1日も早く装置を外したくなり最終的な並びまで治療が完結しない場合も多々起こりました。最近はマウスピースによる歯列矯正が非常に進歩し、これからは間違いなく透明なマウスピースを使用した歯列矯正に移行して行きます。

マウスピース矯正はそのような新しい治療方法の一つですが、近年更に進化しています。
まず始めにお口の型をデジタル動画で読み込みそれを基に治療プランを立てますが、昔のようにベタベタした型取り剤を使用する気持ち悪い型取りは行いません。

iTero_5D2

マウスピース型矯正装置)での治療を成功へと導くには、正確な歯型を採取する必要があります。
当院では、先端設備『iTero element 5D』という口腔内3Dスキャナーを使用しています。お口の中の細部までスキャンしてデータ化することができるため、従来のシリコンでの歯型採取よりも精密な歯型をとることが可能です。
また、近赤外線画像技術によって発見が難しい小さなむし歯も見逃さずに治療することができます。
総合歯科医院ならではの形で『iTero element 5D』を活用した精度の高い治療をご提供します。

デジタル印象は変形が少なく精度が高いのでマウスピースの適合が良くなります。

デジタル印象は変形が少なく精度が高いので、マウスピースの適合が良くなります。痛みもほとんど無く正確な治療を受けることが出来ます。

治療開始前に自分自身の歯の治療イメージを見ることが出来ます。治療前から治療終了後の並びをデジタル画像で比較できます。

独自技術により、部分矯正から全体矯正まで
幅広い症例に対応可能です。

矯正治療をしようか迷っている方に、これまでの豊富な治療経験から、
なぜ当院ではマウスピース型矯正装置をおすすめしているのか、
分かりやすくご説明させていただきます。

POINT

非抜歯の矯正治療法

「矯正治療は歯を抜かないといけない」というイメージをお持ちの方は大勢いらっしゃると思いますが、当院ではできる限り歯を抜かない非抜歯の治療を心がけています。従来なら歯を抜かなければいけないような症例でもデジタル技術を活用することで、歯を抜かずに改善できるケースが増えてきました。

歯を大切に想うからこそ、「天然歯を抜かずに歯列矯正をする」ことを一番に考えています

青が治療前→白が治療後の並びです。

同じ方の別プランです。複数のプランを比較できます。

抜歯しない矯正が基本ですが、抜歯をした際のプランも比較できます。無駄な抜歯も避けれます。

この仕上がりで良ければ、矯正治療の開始です。

希望に合わなければ、この時点で治療中止可能です。検査料金以外は一切必要ありません。

ここから先は矯正治療費が必要です。デジタルデータを基にしたマウスピースが製作されます。

約一ヶ月に1回新しいマウスピースに交換していくことで治療を行います。

矯正治療は高額な治療費がかかります。

一生に一度の治療だからこそ誰もが失敗したくないと思うはずです。

「矯正治療に興味があるけどなかなか踏み出せずにいた」
「価格を抑えて矯正したいけど失敗したくない」など、
このような事をお考えの方はいらっしゃいませんか?

プラチナエリートドクターに認定されています。
インビザライン認定盾

インビザラインランキング

理事長は、マウスピース型矯正装置の豊富な治療実績・症例数によって
インビザライン・プラチナエリートドクター』に認定され、また歯周病やインプラントの分野でも学会認定の指導医・専門医資格を持つ日本で数少ないドクターの一人です。
当院では、マウスピース型矯正装置の治療において重要な診断や治療計画の作成、治療状況の確認などを理事長が責任を持って担当していますのでご安心ください。

また、理事長は顎咬合学会認定医でもあり、顎関節と調和した矯正治療を提供致します。

デジタル技術を駆使した矯正治療で歯・顎骨・全身を整える。
当院では、先端設備『iTero element 5D』という口腔内3Dスキャナーを完備しているため、不快感もなく正確に歯型を採取することが可能です。従来のシリコン素材を使用した歯型採取では再現できなかった細かな歯の表面や凸凹まで3Dデータとして確認できます。
スキャン直後に治療のシミュレーションができるため、より安心で安全に治療に臨んでいただけます。

「口元の美しさ」が獲得できる症例

矯正治療をすることで、すべての方のフェイシャルラインが綺麗になるわけではありません。軽度の歯並びのズレであれば、それほど大きな変化はありませんが、大きく噛み合わせが崩れている場合は、治療後の口元の変化も大きくなる可能性があります。矯正治療が必要と言われている下記のお口の状態を矯正することにより、歯並びだけでなく、口元の美しさを獲得できることがあります。

出っ歯

皆様が良く知っている歯並びですね。上顎の前歯が下顎の歯よりも大きく前に出ている歯並びです。

受け口

受け口

下顎が上顎よりも前に出ている歯並びです。

叢生

歯のデコボコ

歯が様々な角度で生えてデコボコになってしまっている歯並びです。

開咬

噛み合わせが浅い

奥歯が噛んでいるのにもかかわらず、前歯が噛んでいない歯並びです。

過蓋咬合

噛み合わせが深い

通常噛んだ時に下の前歯を上の歯が覆う形が理想とされますが、それ以上に覆い、下の前歯がほとんど見えない様な状態の噛み合わせのことを言います。

出っ歯

部分矯正治療とは?

全部の歯ではなく、気になる部分だけ綺麗に整えたい!そのようなご要望を受け、前歯だけ、すきっ歯だけ、出っ歯だけの治療を「価格」「期間」で行っています。

費用:35万円~ もちろん透明なマウスピース矯正にて対応しています!

※お口の状態によっては部分矯正では対応できない場合があります

部分矯正とは、その名の通り、部分的に歯を移動させる治療法です。
「全体的」にではなく「部分的」に治療を行いますので、全ての歯を矯正するよりも「低価格」「短期間」な治療が可能になります。しかし、適応症例が限られる治療法でもありますので、まずはご相談ください。

具体的には下記のようなメリットがあります。

メリット1「低コスト」で治療が可能

利用する装置、治療時間などが本格的な矯正と異なるため、部分矯正では低コストで治療が可能になります。
当院では35万円~で対応しております。

メリット2「目立たない」装置を利用できます

矯正治療というと以前までは「金属色が目立つ」ことが一般的でした。
しかし、最近では「目立たない」矯正装置も開発されています。
具体的には透明なマウスピースで治療することにより目立たなくしています。

一般的には、目立たない装置を利用すると費用が高くなるのですが、当院ではローコストです。

歯の裏側に矯正装置を付ける「裏側からの部分矯正」は行っていません。歯の裏側に装置を付けますので、そもそも痛かったり口内炎が出来たりまともに生活できるのは忍耐が強い人のみです。

マウスピース

その点、透明なマウスピース(インビザライン・アソアライナー)を利用した矯正は比較的快適です。
透明な装置になりますので、矯正をしていると気づかれることはほぼありません。

部分矯正には興味があっても目立つのが嫌という方は、ぜひご相談ください。

メリット3気になるところをピンポイントで治療可能

前歯2本だけ、すきっ歯の部分だけ、下の歯だけなどご希望に応じて柔軟に対応可能です。

メリット4「短期間」で治療が可能

あくまで「部分的」に歯を動かしますので、その分、治療期間も短縮されます。
本格的な矯正では数年かかるのが通常ですが、部分矯正の治療期間は数ヶ月で終了します。
そのため、間近に大事な行事(結婚式や面接等)を控えている患者さんでも治療可能です。

部分矯正はすべての人できるわけではありません。
そのため、場合によっては「部分矯正ではなく、全体的な矯正が必要となります」と説明することもあります。
まずはお口を診て診断しないことには解りませんませんので、お気軽にご相談ください。

初診相談へのご案内

スマイルライン歯科・矯正歯科六本松