佐世保市でインプラント専門医の治療を受ける事ができます

インプラント治療/ネット広告or専門医比較

インプラント治療 説明会や広告での営業

時々、インプラント無料相談会 社団法人○○○○情報センターなどという新聞折込チラシを見かけたことがありませんか?

主な都市を巡回して説明会を開催して患者さんを集める手法です。相談会に行くとなぜか特定の医院のみを薦められます。
インプラント治療に熱心な歯科医院の系列会社の場合があるようです。

インプラントの本体

インプラントの本体は建物でいうと基礎の杭の部分です。骨という地盤(硬い場合や軟らかい場合もある)に安定する長さのインプラント体を入れます。
その上に支柱になるアバットメントを固定し、最終的な補綴物を装着します。これがインプラントの構造です。

一般的なインプラントの値段は30万円〜50万円

インプラント治療は顎骨内にインプラントというチタン製の本体を入れ支柱を立てて補綴する治療です。

インプラント本体は基礎工事の部分です。この部分が手を抜かれてしまうと耐震偽装問題、マンションが傾くなどという問題が発生するのです。
医院によっては、信頼のある品質の高いメーカーを使うことによって安全性の高いインプラント治療を行うので30万円〜50万円という値段となります。

インプラントの値段の違い

インプラントの値段を安くするには安いインプラント体や被せ物を使い、滅菌などのその他のコストを減らす必要があります。また、保証期間も5年という短い期間になります。短いサイクルでインプラントをやり直していく場合には安いインプラントで良いとお考えになるかもしれませんが、インプラント治療は失敗してダメになると再度手術できるとは限りません。

一般的な前歯の値段は40万円〜50万円

前歯は奥歯に比べ見た目を重視するために値段が高くなります。前歯に被せるセラミックの色を合わせたり、歯肉の見た目を改善しながら行う事が重要なのでそのような場合は歯周病専門医の担当分野となります。

一般的な奥歯の値段は30万円〜40万円

奥歯は機能面を重視します。強い力で噛むことができるか、うまく汚れを取ることができるかなどです。奥歯のインプラント治療は多少歯肉が下がってしまっても目立たないですが、食べ物がはさまったりブラッシングが難しくなったりします。

インプラント治療は一部の例外を除いて健康保険適応外の治療で、基本的に治療費は全額患者さんの負担となります。一部の例外とは、先天的(生まれつき)な方や事故、病気などで広範囲に顎骨を失った方で、厚生労働省の定めた条件を満たす医療機関(入院用のベッド数が20床以上ある病院の歯科や歯科口腔外科など)で治療することに限定されているため、大学病院の歯科で行う事が多いです。

インプラントの価格差

インプラントの安いところは何が違うのか?

インプラントの妥当な値段は30万円〜50万円です。ここから費用を安くするにはインプラント自体を安いものにする、被せ物を安いものにする、アバットメントを使わない、インプラント用ガイド(インプラントの方向や長さを設計図通りに入れるためのマウスピース)を使わない、滅菌などを簡易的なもので行う必要があります。
インプラント体とアバットメントが一体となった、ワンピースタイプというインプラント体があります。
構造が単純なので価格が安いのですが、トラブルも多いです。また、通院困難となった場合の訪問診療現場では大きな問題となることが多いので要注意です。

インプラントは一生持つの?

答えはNOです。
一生は持ちません。各メーカーによってインプラントの種類や値段にも違いがあります。材質としては主に純チタンが使用されていますが、インプラントの形状や表面の加工にそれぞれ特徴があります。インプラントメーカーに関係なく、純チタン製のインプラントの寿命は半永久的で、インプラント自体が虫歯になったり、溶けてなくなるようなことはありませんが、天然歯と同様に手入れが悪ければインプラント周囲炎という歯周病に似た病体となり、脱落することもあります。

インプラント治療にかかる材料の値段は?

インプラント本体の原価は使用するメーカーによって、1本数千円から5万円と材料コストにも大きな差があります。また、手術を行うときに行う感染防止のための滅菌・消毒についても歯科医院によって対策は様々です。通常は滅菌済みで使い捨てになるためコストがかります。

このように使用する材料や器具だけでも大きな差があるため、仮に1本10万円でインプラント治療を行うためには、より安価なインプラントを使用するなど材料原価を削減し、上記治療項目のいくつかを省いていくしか方法はありません。単に高額なインプラント材料が優れていると断言はできませんが、インプラント治療を安全・確実に行うためには、あまりに安い治療は何か問題点が隠れてます。

インプラントはみんな同じではないの?

同じではありません。歯科用のインプラントメーカーは、現在、全世界に100社以上存在しているとされています。ここで皆さんにアドバイスしたいのは、インプラント治療は完全なものではないということです。時には、被せ物が外れたり、欠けたりといったトラブルや、場合によってはインプラントが脱落するような大きな問題が発生することもあります。また、引っ越しや海外赴任によって、かかりつけの歯科医院の診療が受けられなくなることも考えておく必要があるでしょう。

このようなトラブルに対して再治療を行う場合、患者さんのお口の中にどのメーカーのどの種類のインプラントが使用されているかという情報が必要になります。患者さんご自身がインプラントメーカーの品質を把握することは難しいと思いますが、どのような種類のインプラントが使用されるのかについては、事前に確認しておいた方がよいでしょう。

メーカーによっては転居した際に対応出来ない場合もあります、また訪問診療の現場で対応が出来ない場合も多々あり問題となってます。
ドライバーの形状やネジ山さえ合わないのです。

インプラント手術にかかる費用 15万円~20万円(インプラント1本)

1本のインプラントを埋入する際にかかる費用として、

安全にインプラント埋入を行うために最も重要なステップとして、CTによる精密画像診断とコンピュータ・シミュレーションによる3次元的な治療計画とサージカルガイド(手術用マウスピース)は、神経麻痺や大量出血のリスクを回避するためにも必要不可欠であると考えます。

  • 術前の投薬とクリーニング
  • 手術用のマウスピースガイド(4万円)
  • 手術用器具の滅菌・消毒
  • 局所麻酔
  • インプラント本体とアバットメント(原価として約50,000円)
  • 生理食塩水やガーゼ、縫合糸など

上記項目の他、様々な機材の購入費用や人件費、そして、技術料(手術料)が加算されたものが手術に関する総額の費用となります。

被せ物にかかる費用 仮歯・アバットメント・セラミック10~20万円

インプラント手術の3~4カ月後にアバットメントを交換して上部構造を装着して咬み合わせの調整を行います。最終的な歯は専門職である歯科技工士によって、周りの歯と調和のとれた色調や質感に仕上げていきます。

インプラント治療にかかる費用総額

上記3の総額以外にも、骨再生術や骨造成術などの追加手術が必要な場合は5万円~20万円程度の追加費用がかかります。また、恐怖心の強い方や全身的管理が必要な患者さんに使用する静脈内鎮静法による麻酔は、別途5万円~7万円程度かかります。

「1本1△万円」といった広告に飛びつくことなく、すべてを考慮したうえで受診する歯科医院を決めていただきたいと思います。

まとめ

インプラント治療はメリットの高い治療ですが、その分治療費も高額になっています。治療費には使用する材料や滅菌・消毒環境に対する考え方によっても大きく差が出ますし、安全な手術を行うためには手術用のマウスピースも必須となってます。金額だけにとらわれることなく、安全性や将来的な修理や再治療のことも考慮して、十分納得してから治療を受けられることをお勧めします。

>「鬼手仏心」座右の銘です

「鬼手仏心」座右の銘です

理事長 大串 博
生涯常に研修・精進

医療法人博道会 大串歯科医院
歯科、歯科口腔外科、小児歯科、矯正歯科、予防歯科
住所:長崎県佐世保市日宇町678-3
診療時間 9:00~18:30
診療日:月・火・水・木・金・土曜日
休診日:日曜日・祝日
アクセス:佐世保線日宇駅前徒歩1分
予約受付電話 tel  0956-34-2063
患者さん専用駐車場 19台
ホワイトニングメニュー有
 かかりつけ医院からの紹介の場合は紹介状をお持ち下さい。
医療費控除の対象となります。詳しくは税務署にお問い合わせ下さい。

CTR IMG