日本口腔外科学会認定専門医が佐世保で診療致します。口腔ガンの診断から小手術まで幅広く対応致します。佐世保で専門的な歯科口腔外科治療を受ける事が可能です。長﨑大学附属病院と連係して治療可能です。

日本歯科口腔外科学会認定専門医が佐世保で診療致します。

親知らずイラスト

 

埋伏した親知らずの抜歯から腫瘍摘出術、根尖切除術、嚢胞摘出術、小帯切除術、骨瘤除去などの小手術から口腔ガン(舌ガン、歯肉ガン等)の診断、アフターフォローまで様々な口腔外科分野に歯科口腔外科専門医が対応します。入院が必要なケースは長﨑大学歯科口腔外科と連係して対応致します。

歯科口腔外科とは

顎・口腔・顔面領域には虫歯を代表する歯が原因となる疾患から、腫瘍やのう胞など様々な疾患がみられます。また、交通事故やスポーツなどによる外傷や顎関節症なども生じます。
口腔外科はこの中でも虫歯治療や歯周病治療、義歯などの一般的な歯科治療以外の外科的治療を中心に治療を行う診療科です。

取り扱う疾患
歯科口腔外科では、親知らず(智歯)の抜歯やのう胞摘出手術や顎関節症、歯や口の中の外傷、顎の骨折、歯が原因の炎症、口や顎の腫瘍などの診断と治療を専門的に行います。
また、心臓病、糖尿病、腎臓病、血液疾患などの患者さんの抜歯を含めた歯科治療も医科主治医と連携し行っています。

  • 腫瘍(良性腫瘍・悪性腫瘍)・のう胞
  • 歯性感染症
  • 埋伏歯抜歯
  • 顎関節症・顎関節脱臼
  • 摂食嚥下障害

こんな症状があれば・・・

・口の中にできものができた  ・顎が腫れた  ・顎をケガした  ・親知らずが痛い
・顎が痛い ・口が開かない  ・口が閉じない ・うまく飲み込めない など

親知らずの抜歯が得意

口腔外科では、外傷や腫瘍、顎関節症など幅広い病気の治療を行うことができますが、一般的には親知らずの抜歯を行うことが多いです。
というのも、口腔がんなどの患者さんは基本的に大学病院などで治療を受けるため、早期発見と術後のフォローが歯科診療所での主な担当となります。
とはいえ、親知らずにもいろいろな症例があり、むし歯治療や歯周病治療をメインに診療してきた歯科医では対応できないことも多々あります。
そういったケースでは、口腔外科医の力が発揮されます。
以前は、難しい症例や大掛かりな外科的治療が必要な場合は、通常は大学病院で処置をおこなっていました。大学病院には一般の歯科医院に比べて、非常に高度な医療機器や設備を導入していることが理由の一つでした。しかし、近年では歯科用CTや口腔内スキャナー、マイクロスコープなどの高度な医療機器などの設備も充実している歯科医院も多くなってきていることから、様々な難しい症例も一般の歯科医院でおこなうことが可能になってきています。
歯科用CTや口腔内スキャナー、マイクロスコープは当院でも導入済みです。

親知らずレントゲン

 

様々な、口腔内の外科的疾患の治療を佐世保で受ける事が出来ます。定期的なチェックも随時行ってますので、歯周病のメインテナンス時や虫歯治療時に異常があれば口腔ガン早期発見の可能性が高まります。

顎関節症外来外来

矯正治療顎関節症

 

あごの関節の音がする/口が開かなくなった/あごが痛い場合は、顎関節症が疑われます。

症状としては口を開けたり閉じたりする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がします。症状がある場合は硬いものを食べたり、無理に大きく口を開けたりしないようにしましょう。 痛みがあり、口がスムーズにあけにくくなった場合は口腔外科での受診をお勧めします。

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎(あご)は微妙に入り組んだ形と複雑な機能をもっています。ここには筋肉と関節と神経が集中し、下の顎をささえています。食事をしたり、おしゃべりしたりすると連動して動いています。この顎の関節やその周囲が何かの原因で痛みや動きにくくなるのが顎関節症です。
最近、あごの関節の不快感を訴える方が増えてきました。あごが思い通りに動かず、食べ物が噛みにくい。あごを動かすと不快な音がする。痛みを感じて口が開かない。さらに症状は顎ばかりでなく、肩こりとか、腕や指のしびれ、偏頭痛、耳や鼻にも不快感を覚えることもあります。
このように症状は広範囲にわたり、人によっては軽い症状から重い症状まで、個人差が大きいのが特徴です。
顎関節症の多くは適切な対処で、日常生活に支障をきたすことがない状態にもっていけるものです。
重い症状の場合、ほうっておくと、進行してあごの機能が完全に破壊されてしまうこともまれにあります。症状があれば早めの診察をお勧めします。

顎関節症の代表的な症状

  • 顎関節やその周辺に異常を感じる。食べ物を噛む時に痛みや異常を感じる。
  • 食事をしているとあごがだるい、口を動かすと顎関節に痛みがある、噛みしめると顎関節が痛い
  • 口を開けたり閉じるする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がする。
  • 口が開けにくくなったり、口の開閉をスムーズに行うことができない。
  • 口が左右にうまく動かない、開けにくい、あごが外れることがある。

以上の症状のうち少なくとも一つ以上があるとき顎関節症にかかっている可能性が疑われます。
症状は、悪くなったり良くなったりをくりかえします。再発もしますがあまり心配しなくてよいケースが多いようです。
また生活習慣の改善で病状は軽減されます。

顎関節症が原因と見られる副症状とは?
代表的な症状以外にも、顎周辺だけでなく全身の様々な部位に症状が現れることもあります。

  • 頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなどの全身におよぶ痛み
  • めまい、耳鳴り、耳がつまった感じ、難聴
  • 眼のつかれ、充血、涙が出る
  • 鼻の症状(鼻がつまった感じがする)
  • 顎が安定しない、噛み合わせがうまくできない。
  • 歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口が渇くような気がする。
  • 嚥下困難、呼吸困難、四肢のしびれ等が起こる場合もあります。

これらすべてが顎関節症によるものとは限りませんが、一度受診して調べることをお勧めします。

顎関節症の原因

いろいろな原因が考えられます。
いろいろな原因が考えられますが、上下の歯の噛み合わせの異常による場合が多いようです。
また精神的緊張やストレスがあごの周りの筋肉を緊張させ噛み合わせがアンバラスになり、無理な力が関節にかかり顎関節に負担をかけることもあります。
歯ぎしりも顎の関節に大きな負担をかけます。さらに全身的問題、例えば生まれつき関節に問題のある人や、関節に外傷を受けたことがあるかどうかなどが原因となることもあります。
顎関節症の誘因としては原因が1つだけではなく、複数の原因が微妙にからみあっていろいろな症状がでることが多いようです。
診断学の進歩によって、部分的には明らかにされましたが、いまだにわからない点も多く残っているのが現状です。

一般的に言われる原因は

  • 急激なストレス(精神的な緊張は、筋肉を緊張させます)
  • 歯ギシリ
  • 何かに熱中したり緊張して強くくいしばる(一日中スポーツをした。冷房が寒くて歯をくいしばった、特別な行事で緊張してくいしばった)
  • 唇や頬の内側をかむ癖がある
  • 頬杖、うつ伏せ寝、不良姿勢(例 : 猫背)
  • 顔面打撲や事故による外傷
  • 入れ歯や歯にかぶせたものが体にあっていない(悪い噛み合わせ)
  • 大口を開けたり、硬いものを噛んだ(アゴの酷使)
  • 左右どちらか一方でばかり噛む癖がある、片側の歯が悪いため反対の歯だけで食べ物を噛む
  • うつ、不安因子がある 、睡眠障害(ストレスで夜よく眠れない)

顎関節症の治療法

噛み合わせを治すことが一番重要です。例えばスプリント(マウスピースのようなもの)を上あごあるいは下あごにいれ、上下の噛み合わせが均等に接するようにします。そうすると顎の関節頭が正しい位置に戻り、筋肉の緊張がとれ、スムーズに動かすことができるようになります。さらに微調整をくり返し症状が取れた段階で必要があれば、入れ歯やクラウンと言うかぶせ物などを入れたりする事で、噛み合わせの関係を治したりします。
また重症の場合は手術による治療を行うこともあります。

歯のズレ、顎関節症

顎関節症の自分でできる管理方法

顎関節や筋に痛みがあるときはまず安静にしましょう。そして症状を悪化させないために大口を開けることや顎の使いすぎに気をつけましょう。
症状があるときは次の点に気をつけて生活習慣の改善をはかりましょう。

  1. おかゆ、やわらかいそば、うどん、パスタなど噛まなくてよい食事をとりましょう。硬いものは避けましょう。(ガム、フランスパンの皮、硬い肉など)
  2. 顔の筋肉をやわらげ、目を閉じ、軽く上下の唇を触れさせ、歯を接触させないようにしましょう。
  3. 大きなあくびや長時間の歯科治療は避けましょう。
  4. 仰臥寝(あおむけね)と低い枕を使用しましょう。うつぶせ寝はしてはいけません。
  5. 同じ姿勢を長く続ける事を避け、時々はストレッチをして心身を休めましょう。また猫背や顎を突き出すような姿勢をとらないようにしましょう。
  6. 首の牽引、頬杖をしないようにしましょう。

以上の点に気をつけて生活習慣の改善をはかりましょう。