小児歯科医院|佐世保市 親子ではじめる虫歯予防

予防の衛生士

小児歯科|佐世保市 虫歯と歯列不正

佐世保市にある小児歯科、小児矯正歯科医院

虫歯のない歯

健康な歯と美しい歯並び、正しい咬み合わせを獲得することは、お子さまが将来に渡り健康で豊かな人生を歩む上で大変重要なことです。
できるだけ低年齢からしっかりとした管理・治療が必要です。
何でもしっかり咬めるお口は「こころとからだの健康」への第一歩。お子様が一生涯自分の歯で何でも食べられるようにしてあげたいですね。
健康な永久歯をつくるために、内容を説明し希望に応じていろいろなお手伝いをしたいと考えています。
一生涯、自分の歯で何でも食べられるようになるには、大きく分けて二つのポイントがあります。一つは虫歯予防、もう一つは歯周病予防です。
しかし、子どものころからまず必要なのは虫歯予防です。虫歯予防の最終目標は、15歳で永久歯の虫歯が1本もないことです。
そうすれば、その後に新しく虫歯ができることはあまりなくなります。
おとなになってから必要になる虫歯治療のほとんどは、それ以前にすでに虫歯になりかかっていた歯、もしくは子どものころに治した虫歯の再治療です。
永久歯をひとたび削って虫歯治療をしたところは、その詰め物が一生もつなどということは、ほとんどありません。多くの場合、またいつか再治療が必要になります。
それをくり返すと、歯の神経をとることになったり、最後には歯を抜かなければならなくなることもあるかもしれません。そうなれば、その部分には入れ歯やインプラントが必要になってしまうかもしれないのです。これらは決して大げさな話ではありません。
 それでは、健康な永久歯をつくるためにはどうすればいいのでしょうか?
お子様がおとなになっても歯でつらい思いをすることなく、健康でいられるようにという願いをこめて、そのための方法をご紹介します。少しでもお子様の健康のために役立てば幸いです。

歯磨き指導歯医者

小児歯科|佐世保 歯医者

小児歯科 むし歯の治療はもちろん、口の中のケガの治療、乳歯の抜歯、歯列矯正など、お子さまのお口の中の健康な成長発育のために必要です。専門医に御相談下さい。
予防歯科 むし歯の予防や歯周病の予防には、「歯みがき」「フッ素塗布」「シーラント」などが有効です。定期的なチェックも重要です。やさしいし歯科衛生士
矯正歯科 健康な発育のためには、適切な時期に歯ならびを整えてあげることも大切です。
ときには長い時間をかけて成長をしっかりと把握しながら、お子さまひとりひとりに合わせた予防矯正・矯正治療を提案する矯正歯科
妊婦歯科 元気な赤ちゃんのために、まず母親のお口の健診をおすすめします。 マイナス1歳からの予防が大切です。 アクセス
育児・栄養相談 お口に関することはもちろん、授乳・離乳食などの食事に関して、スポーツ・遊びについてなど、お子さまの健康な発育に役立つさまざまな情報を管理栄養士が提供します。

ニコニコ衛生士

上手に治療するより、治療を知らない子に育って欲しい

妊娠したらまず佐世保市の制度である「妊婦歯科健診」をご利用なさって出来るだけ早期に受診されることをお勧めします。
子供の虫歯及び歯列不正の予防は胎児期から始めた方が効果的です。お子様とご両親共にご家族での歯科受診をお勧めします。

お子様が楽しく通えるように、歯医者=「こわい」イメージを少しでも和らげるために、明るく楽しい雰囲気と室内の小児歯科医院をご紹介します。

これから診療を受けるお子様に少しでもリラックスできるような院内や診療に配慮を行なってる小児歯科です。
お子さまが将来、どのようなところで活躍されても恥ずかしくない、虫歯のない健康的で美しい歯並びと正しいかみ合わせを獲得することを目標とし、
そのためにはできるだけ早い時期から定期的な管理を継続し、必要に応じて虫歯の予防や診察、矯正治療を行うことが大変重要です。
毎日でも遊びに行きたい楽しい空間!お子さまの治療に対する恐怖心を和らげるために当院ではさまざまな取り組みを行っております。
佐世保・大串歯科医院は、子供の歯の成長誘導から歯列矯正(歯の移動)、まで対応出来る歯科医院です。
矯正専門の歯科は、咬み合わせの専門では無いことが多いので、咬み合わせの不調で顎関節症になると対応出来ないこともあります。
また、歯の移動後は経過を診ない場合が多いので生涯にわたる咬み合わせの変化にも対応出来ない場合が多いです。

発音

歯科医院の特徴

お子さんを褒めて、優しく包み込むように対応します

「この診療台にいい子で座ってくれているお子さんのためには何ができるか?」
「心配されているお母様、お父様のために、如何にわかりやすく説明するか」

小さな体でいい子で座ってくれているお子さんは本当にエライ!
それだけで「○○ちゃんすごいよ!」「〇〇くん、お兄さんだなあ!」と褒めてあげます。当日だけでなく翌日も家でほめてください。

お母様、お父様にもわかりやすく、丁寧にご説明

そしてお子さんの病状を心配されている保護者の方には、親しみをもって、わかりやすく、少子化の専門として上から目線にならないようにお話しいたします。
私自身、子供の親としての体験から、余計なご負担、ご心配をおかけしないようにご説明できるよう、心掛けております。

マウスピース矯正イラスト

小児歯科と矯正歯科は一体、子供から大人まで一貫した治療方針

小児歯科の治療中も常に矯正歯科的な見方や、アドバイスもしていますので、小児矯正への移行がスムーズにできます。
また、小児矯正治療中もむし歯になっていないか常にチェックが必要です。
小児歯科、矯正歯科と一貫した治療方針で診療致します。

乳歯が早期に抜けた場合は放置すると永久歯の並びに悪影響を及ぼします。
そのような場合は、保隙装置というもので対応します。詳しくはこちらへ

むし歯でも、すぐには削らない
むし歯治療の場合、すぐには歯を削らずに、まず、むし歯の進行を止める。

泣いて嫌がる子も押さえつけて無理やりの治療をしない
けがなどの緊急時を除き、まず、無理やりの治療はしません。
まず、クリニックの場に慣れながら、無理なく、少しずつ理解し合いながら進めて行きます。

子供のむし歯治療について

当歯科医院ではお子様の歯を当日すぐには削らない方針です。
なぜならば、「お子様の気持ち」と「乳歯の特性」を考えると、“すぐに歯を削る”ことがかえってマイナスになるからです。
お子様の場合(大人もそうですが)、“いきなり歯科医院で歯を削られる!”ということがどんなに怖いことか・・・。
まず、場に慣れることと、人になれること、しっかり治療する必要性を理解する(3歳以上であれば可能です)ことからです。
さらに、乳歯は永久歯とは違います。

子供の歯をむし歯にしないために
大事なお子様をむし歯から守るため、乳児期、幼児期、学童期に分けて、対応が違います。
さらに“上皮真珠”、“癒合歯”、“低位歯”、“過剰歯”、“中心結節”などの疾患も重要です。

子供のむし歯予防について
むし歯にしないためには、妊娠期のお母様のお口のなかの状態もポイントです。
また、離乳食の与え方。栄養も重要です、管理栄養士が担当します。

小児の歯磨き

“お子様の歯みがき”は、ほとんどすべてのお母様方の共通の悩みのひとつだと思います。
歯みがき嫌いにさせないために実際にどうやって磨くか。
歯磨き剤は使うべきか、フッ素はどのように使うか。
歯科衛生士が担当します

歯のブラッシング

小児の治療に際しては、お子様の成長発育を常に考えながら、今後の歯の萌出、歯並び、噛み合わせの変化を予測しながら治療をしていかなくてはなりません。
そして、その時期、最も必要なことを優先して行っていくことが当たり前に重要です。

(1) 小児の成長発育を理解し、口腔筋機能指導ができる。
(2) 歯並び相談に乗れ、実際に矯正治療も行う。
(3) 子供を怖がらせない
(4) 子供にしっかりと説明する。
(5) その子の未来を考えた治療をする
(6) すぐに歯を削らない、必要以外に歯を抜かない。
(7) お母さんの妊娠期から、歯科治療、口腔衛生、栄養相談をしている。
(8) お母さん、お父さんと喜びを共有でき、ご家族の歯科治療も行える。大人の治療ができない歯科は子供の未来が想像できません。

浸麻

かかりつけの歯科の選び方

☆子どものむし歯の対処法として、(たとえ子どもが嫌がっても)すぐに削るか、子どもが慣れるまで待つか、甘い食べ物を止めてもらってから対処するかなど色々です。
いきなり削らず、お子さんと対話してから対処する方が望ましいです。
さらに、お母さんの疑問、気になることをどんどん、歯科医師、歯科衛生士、管理栄養士に質問することです。
たとえば、指しゃぶりへの対処、受け口の悩み、歯並びの相談、食事のことなど、何でも遠慮せずに聞いてください。
それで、歯科医院の“考え方”がわかります。共感、納得できましたらGOODです。

☆あとは歯科医院全体の雰囲気です。
子どもたちは、その場の雰囲気に敏感です。以前に歯科で怖い思いをして、トラウマになってしまったお子さんは別として、最初は子どもは歯科医院を怖がらないものです。
歯科医院の雰囲気が良ければ、子どもたちは喜んで通ってくれます。
かかりつけ歯科は、子どもにとって大変重要です。
乳歯から永久歯への生え変わりの時期でもあり、永久歯が生えたてでむし歯になりやすい時期でもあり、歯並び、噛み合わせのチェックの必要も有ります。

むし歯予防と健全な歯並びのためにできること
幼児期の虫歯治療、子供の歯並び相談、永久歯が生えてこない(萌出不全、埋伏歯)、矯正治療と口腔外科のスタッフが必要です。
唾液の作用により、むし歯になった部分が再石灰化されます!

唾液には、歯の硬組織(エナメル質)を作っているハイドロキシアパタイトの成分と同じカルシウムやリン酸が含まれています。
これが歯の表面に吸着され、むし歯になった部分を修復(再石灰化)します。

歯の再石灰化  キシリトール 再石灰化

 

インビザライン専門矯正歯科医院、マウスプース矯正についてはこちらをご覧下さい

佐世保市小児歯科 矯正

 

受付

医療機関の案内

医療法人博道会 大串歯科医院
診療日: 月・火・水・木・金・土
休診日: 日曜・祝日
診療受付時間:9:00~18:00 予約制
長崎県佐世保市日宇町678-3
日宇駅徒歩1分
患者さん専用駐車場 19台
小児用プレイコーナーあり
口腔外科併設、子供の外傷対応可
電話:0956-34-2063

2020年10月現在