安心・安全なインプラント手術、長持ちするインプラント治療を受けるためには大切なステップがあります。

診査→診断→正確な手術→適切な補綴→定期メインテナンス

1.正確な診断の為の検査・・・・・CTによる診断はもはや必須です。安全なインプラント治療のためには必ず必要です。CT撮影は治療を受ける歯科医院に設備がある場合と、近所の医科病院等で外部撮影する場合があります。撮影の精度は医科用CTの方が鮮明です。(機械の価格が全く違います) しかし手術中や術後確認のためにリアルタイムでCT撮影をするためには院内にCTが必ず必要です。手術中に少しでも不安があればCTを撮影して確認して手術を進めればいいのですが、CTがなければとりあえずで進めるか止めるしかありません。でもなかなか根拠も無い状態で途中で止めれないのです。CTを撮影すれば、もし止めなければならない時はしっかりと辞める決断もできますし、手術方法の変更も可能です。

院内にCT撮影設備がある事、これが一つ目のチェックポイント1です。uni_3d_photo01

2.正確な手術法選択のための診断・・・・・せっかくCTを撮影しても活用しなければムダです。現在では撮影したデータはインプラントシミュレーションソフトに取込み分析します。3D画像上で顎骨の分析ができ、インプラントの植立方向、長さ、太さ等を決定します。その画像または動画で説明を十分に受けて下さい。このシミュレーションソフトで決定した手術プラン通りに手術用ステント(サージカルガイドとも呼びます)を作製しオペを行います。ですからとても大切なステップです。せっかくCT撮影・シミュレーションソフトによる分析を行っても、サージカルガイドに正確に反映できなければそこから先はまた昔の勘と経験の世界になります。分析したデータを伝送すればサージカルガイドと樹脂による顎模型を製作してくれる会社があります。顎模型を利用して事前に模擬オペもできます。私の歯科医院では、Simplantとノーベルクリニシャンの2種類のソフトをケースによって使い分けています。

撮影したCTデータを診断用シミュレーションソフトで分析し手術計画。これがチェックポイント2です。sim7sim5

3.安全な手術と補綴への考慮・・・・・ステップ2でプランしたシミュレーションソフトのデータをアメリカに電送すると正確なガイドが送られてきます。出来上がったサージカルガイドを口の中に装着してドリリングを行えば、プランした正確な三次元的位置にインプラント体が植立されます。シミュレーションソフト上で設計した長さ以上は深く進まないように安全装置が付いていますので3D的な方向・深度も確実です。CT撮影から手術まですべて一連のシステムです。どこかを省略するとその分ヒューマンエラーの発生が多くなります。 神経に近い場合や骨が柔らかい場合、上顎洞に近い場合は超音手術装置を併用して手術を行います。超音手術装置は軟組織(神経や粘膜等)を傷つけず硬組織(骨)のみを切削できますのでとても安全です。この機械のおかげで、今までなら手術できなかったケースでも、出血を少なくしインプラント手術が可能なケースが増えました。

診断用シミュレーションソフトでプランした正確なサージカルガイド。 これがチェックポイント3です。

guide2all9.

4、手術を担当する歯科医師の知識と経験・・・・・多くの部分はデジタル化され投資をすれば設備が整うようになりました。しかし最後の一歩は術者の知識と経験が困難なケースほど予後を左右します。日本口腔インプラント学会または日本顎顔面インプラント学会の専門医である事も目安の1つです。

 

5.適切な補綴・・・・・インプラント体の上部には補綴物(被せ物)が入ることにより物を咬めるようになります。2のコンピュータシミュレーション時に咬みやすい補綴物の最終位置を決め、それを考慮したインプラント体の植立方向を決めています。咬みやすさはすでに1.2のステップで決まっているのです。製作はCADCAMを使いコンピュータ上で設計し、ブロックをミリングマシーンにて正確に削りだした後、歯科技工士が最終的に仕上げます。この段階もデジタル化されています。数年前と全く作り方も変わりました。(インプラント専門技工士が作れば更に安心ですが、全国でも数は少ないです)

セレックlaul_fea01_image_01cerecserec7serec8

6.メインテナンス・・・・・定期的なメインテナンスはインプラントを長持ちさせるために最も大切なことです。しかしメインテナンスしやすいインプラントの植立方向、補綴物の形態は実は上記の1~3ですでに決まっているのです。長持ちするインプラント治療は上記1~5を正確に、確実に行う事によって得られます。歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士のチームアプローチが大切です。

歯周病専門衛生士またはインプラント専門衛生士のいる歯科医院でメインテナンスを受けることが早期に異常を発見すれば適切な対応を取り、長く使うことが出来ます。

新たな「インプラント難民」の問題:インプラント治療の予知性が飛躍的に向上し、20~30年経過したケースが多数報告されるようになりました。

皮肉なものでその為新たな問題が起きています。→ココをクリック

安心・安全なインプラント治療を受けるためにはもう一つ確認すべき大切なこと事があります。 それは「将来訪問診療で対応してもらえますか?」の質問です。

自分で治療したインプラントを責任もってアフターケアするのは医療人として当然のことですが、現状はそんなに甘くありません。

 

インプラントセンター佐世保

日本口腔インプラント学会認定 インプラント専門医 大串 博
日本口腔インプラント学会認定 インプラント専門技工士 森 真二

澤田 貴子  日本歯周病学会認定衛生士、日本臨床歯周病学会認定衛生士
辻 志津子  日本臨床歯周病学会認定衛生士
川元 易月子 日本臨床歯周病学会認定衛生士
広田 智香子 日本臨床歯周病学会認定衛生士