佐世保 ハウステンボス

インプラント専門医|佐世保市

全国でも数少ない専門医のライセンスを持つ歯医者が手術

安心・安全なインプラント治療~訪問診療まで

佐世保市インプラント専門医の手術

インプラント手術は専門医に御相談下さい。

笑顔のインプラント
国内でも数少ない、日本口腔インプラント学会認定インプラント専門医によるインプラント治療。
インプラント治療歴30年の理事長が直接診断・執刀しますので、安心してインプラント治療を受けることができます。
県北地区随一の最新治療設備と、手術方法、経験と知識で出来るだけ痛みや腫れが少ない治療方法を選択してます。
かかりつけの歯科医院があり、インプラント手術のみご希望の方は必ず紹介状をご持参ください。

インプラント体

インプラントとは
インプラントとは、人工の材料や部品を体に入れることの総称です。歯科では、歯を失ったあごの骨に体になじみやすい材料(生体材料)で作られた歯根の一部あるいは全部を埋め込み、それを土台にセラミックなどで作った人工歯を取り付けたもので、一般には人工歯根(正式には口腔インプラントあるいは歯科インプラント)、単にインプラントといいます。
インプラントは、基本的に三つのパーツからできています。顎骨の中に埋め込まれる歯根部(インプラント体)、インプラント体の上に取り付けられる支台部(アバットメント)、歯の部分に相当する人工歯(上部構造)から構成されています。
インプラント体の材質はチタンまたはチタン合金で、大きさは直径が3~5mm、長さは6~18mmです。アバットメントの材質はチタン、チタン合金、ジルコニアなど、上部構造の材質はセラミック(陶器)、ジルコニアジルコニアセラミックなどがあります。
インプラント体と骨が強く結合することで、噛み心地も安定し、審美性の高い人工歯冠を装着することで、機能的にも見た目的にもより自然歯に近い状態を得ることができます。
インプラントの残存率は、インプラントの種類によって多少異なります。ブローネマルクシステムで表面処理していないインプラント体を使用した場合の10年間の残存率は、部分欠損の上顎は91%前後、下顎は96%前後、無歯顎の上顎は80%前後、下顎は97%前後になります。上顎の成績が悪いのは、上顎洞や鼻腔があるためインプラント体を埋入できる骨の量が少ない、骨が軟らかいことが多いためです。

インプラント体と天然歯

インプラント体と自分の歯との違い
インプラント体と周りの骨とは隙間なく付いた状態です。一方、天然歯の歯根周りにはクッションの役割を担う歯根膜という組織があります。そのため、噛むと歯はわずかに沈み込みます。またこの中には、かんだ時にかかる圧力を鋭敏に感知して、かむ力を調整するためのセンサー(受容器)もあります。インプラントにはこのようなクッションもありません。骨の弾力によるほんの僅かな沈み込みしか生じません。力はあごの骨の周りの骨膜、筋肉、あごの関節などにあるセンサーによって調整されますが、歯根膜にに比べ「感度」が劣るため、天然歯以上に繊細なかみ合わせの調整が必要です。 また、インプラントの周りの粘膜(歯の場合は歯肉)は天然歯と異なります。天然歯では、歯肉はエナメル質と付着上皮と呼ばれる部分で、その下の結合組織はセメント質と結合し、細菌などが容易に侵入できないようになっています。インプラントにはそのような構造はなく、細菌は容易にインプラントと粘膜の間に侵入します。そのため、継続したメインテナンスが重要となります。
咬み合わせと歯周組織のメインテナンスは、日本顎咬合学会咬み合わせ認定医及び日本歯周病学会専門医である理事長の専門分野です。
総合的に治療できる佐世保市のインプラント専門医院です。
全身疾患がある人の場合は必要に応じて、理事長と長崎大学歯科口腔外科医と佐賀大学歯科歯科麻酔医非常勤歯科医師がチームで対応致します。

誰でもインプラント治療は受けれますか?

・手術に年齢制限はありますか

成長発育中の子供には基本的にはインプラント治療はしません。インプラント治療は歯がなくなる40歳後半から60歳代が中心となりますが、高齢者でも抜歯などの手術を受けられる健康状態であれば可能です。
・全身疾患がある場合は治療を受けられますか
手術が伴うため誰でも受けられるというわけにはいきません。心疾患などで症状が重い人や安定していない人は難しくなります。国民病として問題となっている糖尿病患者は、手術後の傷の治りが悪くなり、感染の危険性が増します。また、骨を作る細胞の機能や数が低下して骨結合ができなくなる恐れがあり、治療後にはインプラント周囲炎を起こしやすくなります。血糖値がコントロールされていない人ではコントロールされるまで治療は延期する必要があります。 50歳以降の女性に多い骨粗しょう症は、骨が軟らかいより硬い方が臨床成績がよいため、リスク因子となりますが、インプラント体の埋入方法や骨結合しやすいとされているインプラント体の使用などにより対処できます。

喫煙

・喫煙はインプラント治療にとってリスクになりますか

喫煙により粘膜の血液の流れが悪くなって、傷の治りや骨を作る細胞の増殖や分化に影響し骨の治癒が遅れたりします。内外の論文でも喫煙者と非喫煙者では失敗率が喫煙者の方が高いと報告されています。また、喫煙は手術の結果に影響を与えるだけではなく、治療終了後の経過にも影響を及ぼすので、禁煙をメインテナンス期間に入っても続ける必要があります。禁煙はとても重要です。

他院で骨が少なくてインプラント治療は無理と言われました、やはり無理でしょうか?

他院で骨が少なくてインプラント治療は無理と言われた方でも、手術可能な場合はよくあります。
インプラントは手術なので、担当する歯科医の技量と設備によって対応出来る範囲が違います。
あきらめないで、インプラント専門医がいる大串歯科医院に御相談下さい。
インプラント手術歴30年の学会認定専門医が、安心安全なインプラント治療提供します。

 

インプラント治療後のメインテナンスの重要性

メインテナンス

インプラントの治療完了後、とても重要なのが、その後のメインテナンスです。
歯とその周りの組織に起こる炎症病変のひとつに歯周病がありますが、インプラント治療した場合にも、アゴの骨に結合したインプラント体に同じような病変が起こることがあります。これは進行状態によって、インプラント周囲粘膜炎(インプラントとその周囲の粘膜にのみ起こる炎症)、インプラント周囲炎(さらに進行して、インプラントを支えるアゴの骨にまで炎症が達したもの)のふたつに分けられます。
インプラント周囲炎はインプラントの脱落の元になるので注意が必要です。

インプラント周囲炎の主な原因

  • ・毎日のお手入れ(歯磨きなど)が不十分
  • ・定期的な歯医者での定期検査を受けていない

インプラント周囲炎になってしまう主な原因としては、毎日の歯磨きが十分にできていなかったり、歯医者での定期的なレントゲンなどによるチェックを受けていないことが続いてしまい、お口の中の汚れがたまりやすくなってしまったことによって歯周病菌が増殖し、インプラントを支えるアゴの骨を溶かしてしまうことが挙げられます。

インプラントを長持ちさせるために
定期検診

定期的なお口の中の点検や検査が必要になります。

インプラント治療終了後そのまま何もせず放置してしまうと、お口の中の状況の変化により、かぶせ物が割れたり、歯周病が急に進行してしまう場合があります。そこで、定期的なお口の中の点検やレントゲンによる診査が必要になります。

また、普段の歯磨きでは落としきれない汚れ(バイオフィルム)を歯科医師や歯科衛生士がチェックし、除去することや、ご自身での清掃が正しく行えるように、ブラッシング指導を受けることも大切です。
インプラントは天然歯と違って、歯磨きが難しい部分もあります。そのため、歯ブラシ以外の歯間ブラシや、デンタルフロスなどの使用方法も説明いたします。

なぜインプラント治療が必要になったのかを考える

毎日の口腔ケアや定期的な受診が大切です。禁煙も重要です。
事故などで歯が抜け落ちてしまった場合は、その事故を未然に防ぐということは難しいと思います。しかし、歯周病や虫歯で歯がダメになってしまうことは、
毎日の適切な口腔ケアや、定期的な歯医者の受診で防げたはずです。定期的に歯医者を受診する習慣を身につけてください。

よく噛めることは健康の入口です。
入れ歯やブリッジより快適で長く使えるインプラント治療をご検討ください。それぞれの内容、メリット、デメリットの情報も事前に説明しています。

日本口腔インプラント学会認定専門医とは・・・

全国の歯科医師約11万人中、インプラントに興味を持ち日本最大の日本口腔インプラント学会に所属している歯科医師数は約12,500名です。
その中で専門医試験を受け合格し、学会認定を受けた専門医数は全国で約1,100名です。
日本の歯科医師で約1%の狭き門です。
同様に、日本歯周病学会認定医も日本の歯科医師中約1%の狭き門です。
歯周病にも配慮した専門的な治療を受けることができる数少ないダブルライセンスを持つ佐世保市の専門歯科医院です。

「鬼手仏心」歯科医になった時からの座右の銘です。生涯常に研修・精進、メスを置くまで終わりのない道を登り続けます。

 インプラント治療をもっと詳しく解説

咀嚼の役割とメリット

  • 消化と吸収
    咀嚼は、食べ物を細かくし、消化しやすい形に変える役割があります。良く噛まずに大きなまま食べ物を飲み込むと、胃に負担がかかり消化不良になります。
  • 早食い、過食の予防
    満腹感を感じるには20分程度かかります。良く噛まずに食べると早食いに繋がり、感じるまでの時間に食べ過ぎてしまいます。
    よく噛むことで食事にかかる時間が長くなり、少量の食事でも感じ、食べ過ぎを防止します。
  • セロトニンを増やす
    ハッピーホルモンと呼ばれ、噛む事によっても活性化します。日中につくられ、目覚めや、心身の活力に影響を与えます。
    また、セロトニンを材料にしてつくられるメラトニンは、睡眠の質に大きく関わります。朝食でしっかり咀嚼をすることが睡眠の質にも影響するので、大切にしましょう。
  • 唾液の分泌
    咀嚼することで唾液の分泌が促進されて、食べ物と絡まって塊をつくることで飲み込みやすくしてくれます。
    また、唾液にはご飯などに含まれるでんぷんの分解を進め、消化をしやすくする働きもあります。他に、食後酸性に傾いた口内のpHを中和したり、殺菌や歯の再石灰化をしてくれたりするなど、口内の健康を守るために重要な働きをしています。
  • 脳への刺激や引き締まったフェイスライン
    噛むときは、あごや頬などの顔の筋肉の他に側頭筋という頭の部分も使います。そのため、「噛む」ことは刺激を与え、働きにも影響してくるのです。さらに、顔が引き締まることで、フェイスラインの美しさにも繋がります。
 よく噛むと認知症が防げる???
 果たしてよくかんで食べれば予防できるのか。おそらく少し違います。正確には、よく噛んで食べれば予防できると言うよりはむしろ、よく噛めない状態、つまり多くの歯が欠損したまま放置された状態が認知機能低下につながるといわれています。
具体的には、①口腔内不潔つまり虫歯や歯周病の治療がなされていないことによる慢性炎症のある状態、あるいは②咀嚼不良により栄養摂取や栄養状態が悪化している状態、③脳への刺激が低下している状態。これらの原因によって機能が低下すると考えられています。
 したがって、予防になるわけではありませんが、少なくとも多くの歯が欠損したまま放置された状態、よく噛めない状態というのは、リスクが高い状態であると言えます。定期検診・早期受診により歯を失わないように努め、歯を失った場合も入れ歯などにより噛む力を回復することで、将来的な発症防止につながります。 どのような治療方法を選択するにせよ、しっかり噛めて飲み込める口腔を作る事は全身の健康のためにとても大切です。

クリックさらに詳しい情報は,ここをクリックしてください。

アクセス:長崎県佐世保市日宇町678-3
診療日:月・火・水・木・金・土   日曜・祝日休診
診療時間 9:00~18:00 予約受付電話:tel 0956-34-2063
患者さん専用駐車場 19台

WEB予約はこちらです

値段