インプラント|佐世保市の専門歯科医院 

佐世保市でインプラント専門医による手術が受けれる歯科医院です。
インプラント手術は専門医に御相談下さい。

国内でも数少ない、日本口腔インプラント学会認定インプラント専門医によるインプラント治療。インプラント治療歴30年の理事長が診断・執刀します。佐世保市で安心してインプラント治療を受けることができます。

インプラント

インプラントとは

インプラントとは、人工の材料や部品を体に入れることの総称です。歯科では、歯を失ったあごの骨に体になじみやすい材料(生体材料)で作られた歯根の一部あるいは全部を埋め込み、それを土台にセラミックなどで作った人工歯を取り付けたもので、一般には人工歯根(正式には口腔インプラントあるいは歯科インプラント)、単にインプラントといいます。
インプラントは、基本的に三つのパーツからできています。顎骨の中に埋め込まれる歯根部(インプラント体)、インプラント体の上に取り付けられる支台部(アバットメント)、歯の部分に相当する人工歯(上部構造)から構成されています。
インプラント体の材質はチタンまたはチタン合金で、大きさは直径が3~5mm、長さは6~18mmです。アバットメントの材質はチタン、チタン合金、ジルコニアなど、上部構造の材質はセラミック(陶器)、ジルコニアジルコニアセラミックなどがあります。
インプラント体と骨が強く結合することで、噛み心地も安定し、審美性の高い人工歯冠を装着することで、機能的にも見た目的にもより自然歯に近い状態を得ることができます。
インプラントの残存率は、インプラントの種類によって多少異なります。ブローネマルクシステムで表面処理していないインプラント体を使用した場合の10年間の残存率は、部分欠損の上顎は91%前後、下顎は96%前後、無歯顎の上顎は80%前後、下顎は97%前後になります。上顎の成績が悪いのは、上顎洞や鼻腔があるためインプラント体を埋入できる骨の量が少ない、骨が軟らかいことが多いためです。

インプラント体と自分の歯との違い

歯とインプラントの違い

インプラント体と周りの骨とは隙間なく付いた状態です。一方、天然歯の歯根周りにはクッションの役割を担う歯根膜という組織があります。そのため、かむと歯はわずかに沈み込みます。またこの中には、かんだ時にかかる圧力を鋭敏に感知して、かむ力をコントロールするためのセンサー(受容器)もあります。インプラントにはこのようなクッションもセンサーもありません。骨の弾力によるほんの僅かな沈み込みしか生じません。かむ力はあごの骨の周りの骨膜、かむための筋肉、あごの関節などにあるセンサーによってコントロールされますが、歯根膜にあるセンサーに比べ「感度」が劣るため、天然歯以上に繊細なかみ合わせの調整が必要です。 また、インプラントの周りの粘膜(歯の場合は歯肉)は天然歯と異なります。天然歯では、歯肉はエナメル質と付着上皮と呼ばれる部分で、その下の結合組織はセメント質と結合し、細菌などが容易に侵入できないようになっています。インプラントにはそのような構造はなく、細菌は容易にインプラントと粘膜の間に侵入します。そのため、継続したメインテナンスが重要となります。
咬み合わせと歯周組織のメインテナンスは、日本顎咬合学会咬み合わせ認定医及び日本歯周病学会専門医である理事長の専門分野です。佐世保市のインプラント専門医院

 

誰でもインプラント治療は受けれますか?

インプラント可能な高齢者

・手術に年齢制限はありますか
成長発育中の子供には基本的にはインプラント治療はしません。インプラント治療は歯がなくなる40歳後半から60歳代が中心となりますが、高齢者でも抜歯などの手術を受けられる健康状態であれば可能です。
・全身疾患がある場合は治療を受けられますか
手術が伴うため誰でも受けられるというわけにはいきません。心疾患などで症状が重い人や安定していない人は難しくなります。国民病として問題となっている糖尿病患者は、手術後の傷の治りが悪くなり、感染の危険性が増します。また、骨を作る細胞の機能や数が低下して骨結合ができなくなる恐れがあり、治療後にはインプラント周囲炎を起こしやすくなります。血糖値がコントロールされていない人ではコントロールされるまで治療は延期する必要があります。 50歳以降の女性に多い骨粗しょう症は、骨が軟らかいより硬い方が臨床成績がよいため、リスク因子となりますが、インプラント体の埋入方法や骨結合しやすいとされているインプラント体の使用などにより対処できます。
・喫煙はインプラント治療にとってリスクになりますか
喫煙により粘膜の血液の流れが悪くなって、傷の治りや骨を作る細胞の増殖や分化に影響し骨の治癒が遅れたりします。内外の論文でも喫煙者と非喫煙者では失敗率が喫煙者の方が高いと報告されています。また、喫煙は手術の結果に影響を与えるだけではなく、治療終了後の経過にも影響を及ぼすので、禁煙をメインテナンス期間に入っても続ける必要があります。
他院でインプラント治療が無理と言われても手術可能な場合はよくあります。佐世保市のインプラント専門医がいる大串歯科医院に御相談下さい。

インプラントのメリット・デメリット

 

インプラント利点欠点
歯を失った時の治療法に、入れ歯・ブリッジ・インプラントがありますが、どの治療法にもメリット・デメリットがあります。メリットばかりに目がいってしまいますが、デメリットも把握したうえで治療法を選択することが大切です。治療について、医師任せにしてしまう方はいませんか? 近年は、歯科診療が進歩して、同じ症状でも可能な治療法は複数あります。ご自身で治療について理解し、納得して治療に挑むことが大切です。
インプラント治療は、メンテナンス期も含めると患者さんとは長いお付き合いとなります。患者様との信頼関係を大切に、治療について包み隠さずご説明し、ご理解いただいてから治療を開始いたします。インプラントとは何か、できるだけ解説します。

メリット
  1. 健康な歯を削る必要がない
    (残っている歯を守る)
  2. 入れ歯よりも咀嚼能力に優れている
  3. 骨が痩せるのを防げる
  4. 見た目の良い歯(人工歯)を装着できる

 

デメリット(リスク等)
  1. 保険がきかない(自由診療)
  2. 手術が必要になる
  3. 治療期間がブリッジ等に比べ長い
  4. 術後はメンテナンスが必要になる
  5. 術後痛み・腫れが出る可能性がある

インプラントのデメリット

保険がきかない(自由診療)

インプラント治療は保険が適用となりません。支払方法によって、一度の負担を軽減することは可能ですが、保険のブリッジ・入れ歯に比べると費用が高額になってしまいます。当院では、術前カウンセリングにて、費用や支払い方法についてもご説明しています。ご自身の場合の費用について把握したうえで、治療法をご検討いただきたいと思います。医療費控除の対象となります。

手術が必要になる

イインプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋入する手術が必要となります。麻酔により痛みなく治療を受けていただけますが、ブリッジや入れ歯に比べると、やはり体の負担は大きくなります。そのため、重度の全身疾患をお持ちの方は、医科主治医と相談の上治療が出来ない場合があります、一度御相談下さい。

治療期間がブリッジ等に比べ長い

インプラント治療にかかる期間は、お口の中の状態や治療部位によって異なりますが、通常3~6ヶ月かかります。埋入したインプラントが骨と強く結合するまでに期間を要するため、ブリッジや入れ歯に比べて治療期間が長くなります。

術後はメンテナンスが必要になる

インプラントは虫歯になることはありませんが、歯茎の健康を維持できるとは限りません。「インプラント周囲炎」という、歯周病のような病気になります。長期的にインプラントを機能させるには、適切なメンテナンスが必要になります。定期的に受診いただき、専門的なケアやチェックを行う必要があります。

 

インプラントのメリット

健康な歯を削る必要がない(残っている歯を守る)

インプラントは1本1本独立して埋め込みます(オールオン4を除く)。そのため、ブリッジのように隣接する健康な歯を削ったり、負担をかけたりすることはありません。インプラント治療においては、他の歯への負担を心配することはないでしょう。

入れ歯よりも咀嚼能力に優れている

総入れ歯の場合、自分の歯に比べて噛む力が大きく低下するため、噛みにくく、食事に苦労する方も少なくありません。また、熱いものを気軽に口にすることができない人も多いのです。
しかしインプラントは、自分の歯と同程度の噛む力まで回復でき、自分の歯と同じ感覚で噛めます。

骨が痩せるのを防げる、胃腸の負担を軽減する

咀嚼にはさまざまな効果がありますが、骨が痩せるのを防ぐ働きもあります。しかし、歯を失って咀嚼による刺激が骨に伝わらなくなると、骨が少しずつ痩せてしまいます。インプラントは、歯だけでなく歯根も取り戻せる治療であるため、骨が痩せるのを防ぐというメリットもあります。

見た目の良い歯(人工歯)を装着できる

ブリッジ治療の場合、保険が適用になりますが、治療部位によっては金属しか保険が適用になりません。また、部分入れ歯の場合、金属のバネが目立ってしまいます。インプラントは、審美性の高い素材を使用でき、天然歯に近い審美性を回復することが可能です。

 

インプラント手術における注意点

  • 手術前日は、しっかりと睡眠をとるようにしてください。
  • 静脈内鎮静法下で手術を受ける場合、帰宅時に車・バイク・自転車の運転はできません。車でご来院いただいた場合は、付き添いの方に運転してもらう必要があります。
  • 手術当日は、若干の出血がありますが、うがいをし過ぎない・強く行わないようにしてください。
  • 術後に痛みや腫れがある場合は、痛み止めを服用し、軽く冷やしてください。(痛みがない場合には、痛み止めを飲む必要はありません)
  • 処方します抗生物質は途中で服用をやめたりせず、医師の指示に従って服用してください。
  • 上顎の手術を行った場合、手術部位により鼻血が出やすくなる場合があります。強く鼻をかまないようにしてください。
  • 禁煙喫煙は傷の治りを悪くするため、禁煙をお願いします。大切です。
  • 飲酒・長時間の入浴・激しい運動は血行を促進し、止血の妨げとなるため、術後は避けていただきます。
  • 舌や指で治療箇所を触れないようにしてください。治療箇所に負担をかけることは、骨との結合や傷口の治癒の妨げになります。
  • 傷口に負担をかけないよう、術後は治療を行った箇所で噛まないようにしてください。
  • インプラント治療が完了したら、メンテナンスにお越しください。インプラントを長く機能させるには、メンテナンスが必要です。また、定期的なメンテナンスが保証を受けるための条件です。
  • 帰宅後に異常があった場合はご連絡ください。

当院では、全身疾患をお持ちの患者様にも、リスクを低減して治療を受けていただけるよう、歯科麻酔医立ち合いのもと静脈内鎮静法を併用したインプラント治療もご提供しています。さまざまなリスクに応じて対策を行い、すべての患者様に安全性の高い治療をご提供できるよう努めています。
当院では、「インプラント無料相談」を実施していますので、持病をお持ちの方や顎の骨が足りない方など、リスクがご心配な方もお気軽にご相談ください。
来院相談だけでなく、オンラインでご自宅から簡易相談いただくことも可能です。

インプラント手術歴30年の学会認定専門医が、安心安全なインプラント治療を佐世保市で行います

理事長

日本口腔インプラント学会認定専門医とは・・・
全国の歯科医師約11万人中、インプラントに興味を持ち日本最大の日本口腔インプラント学会に所属している歯科医師数は約12,500名です。
いわゆる、日本口腔インプラント学会会員です。
その中で専門医試験を受け合格し、学会認定を受けた専門医数は全国で約1,100名です。
日本の歯科医師で約1%の狭き門です。
同様に、日本歯周病学会認定医も日本の歯科医師中約1%の狭き門です。
歯周病にも配慮した専門的なインプラント治療を受けることができる数少ないダブルライセンスを持つ佐世保市の専門歯科医院です。

30年前よりインプラント治療に携わり、現在も週に1~3名程度の患者さんの手術を行ってます。

 

お知らせ