インプラント体上部の被せ物は歯科医師が作るのではなく歯科技工士が作ります。

技工物(被せ物)を作るには二つの方法があります。

  • 歯科医院内に歯科技工士が常駐勤務して技工物を作る。 利点としては直接患者さんの要望(審美、顔貌との調和、かみ合わせ等)を聞く機会がある。主治医の歯科医師や歯科衛生士と密に打ち合わせが出来る。完成後の状態を確認しさらなる技量アップにつながる、等々の利点があります。もちろん装着時にも微妙な修正が現場で出来ます。

  • 歯科技工所に外注する。  技工指示書と呼ばれる紙に歯科医が指示を書きますが、文書では表現できないレベルの事が沢山あります。また、出来上がってきた物も修正が困難です。原則患者さんを見る事無く模型上のみで仕事をします。模型には顔貌や口唇は有りませんし、笑顔も有りません。

    微妙な仕上がりの差が、予後を大きく左右すると共に満足感も違います。高度な歯科医療のために院内技工士は必ず必要です。

天然歯以上に精密な咬合が要求されるインプラント上部の被せ物を専門的に勉強した、学会認定インプラント専門技工士は全国でも少数です。→専門技工士名簿

 

インプラント専門医、認定衛生士、専門技工士そして患者さん、このカルテットがインプラント治療を成功へと導きます。