歯を失うと認知症のリスクが最大1.9倍に

~厚労省研究班が愛知県の健康な高齢者4425名のデータを分析~

咀嚼能力の低い人は、認知症の発症リスクが高くなる。
日本福祉大学の近藤克則教授、神奈川歯科大学の山本龍生准教授らが、平成22年度厚生労働科学研究として行った分析で明らかになりました。
1月21日に札幌市で開かれた第21回日本疫学学会学術総会で発表されています。
調査は、愛知老年学的評価研究(AGES)プロジェクトのデータを基に、2003年10月時に要介護認定を受けていない65歳以上が対象で、4年間追跡できた4425人について、要介護認定を伴う認知症度Ⅱ以上が発症するまでの各日数や歯数、咀嚼能力、かかりつけ歯科医院の有無との関係を検討しました。
結果は認知症発症者の割合は、歯数が少ないほど(図1)、咀嚼能力が低い人ほど(図2)、そしてかかりつけ歯科医院がない人ほど(図3)高くなっていました。グラフの縦軸はいずれも、認知症でない人の割合をしめしたものです。

かかりつけ歯科医院を持つ事はとても重要であることが解明され、平成28年4月より「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」(略称→か強診)

が新設されたました。決められた基準を満たすことで厚生労働省から認可を受けることができる、地域完結型医療推進を行う歯科医療機関のことです。