無事手術が終わり上部に被せ物を入れます。手術前に被せ物の位置はコンピューター上で設計済みです。患者さんご希望の、色調、形態等を院内に常駐する5人の技工士がさらに詳しく聞き取り検討し製作します。他院との大きな違いは、患者さん毎にインプラント周囲炎を起こしにくい形態を歯周病専門医と歯周病認定衛生士、専門技工士が打ち合わせて決定する事です。このステップがとても大切で長持ちするインプラントに大きな影響を与えます。